石川佳純【写真:Getty Images】

写真拡大

水谷、“ひなみま”ら…代表戦士凱旋のジャパンオープン、ITTFも会見速報「明日開幕!」

 卓球の「ライオンジャパンオープン荻村杯」が14日、東京体育館で開幕する。今月の世界選手権で歴史的な躍進を遂げた日本代表選手が多数顔を揃える今大会。国際卓球連盟(ITTF)は13歳・張本智和、17歳・平野美宇(ともにエリートアカデミー)、石川佳純(全農)の“3トップ”を公式インスタグラムに掲載。熱戦の開幕に注目している。

 デュッセルドルフで感動を届けた日本勢が、東京に凱旋。5日間に渡り、熱戦を繰り広げる。この日、都内で記者会見が行われ、張本、平野、石川が出席。それぞれ意気込みを口にした。

 張本は世界選手権で男子シングルスで大会史上最年少の8強進出。エース・水谷隼(木下グループ)を破った際には「衝撃の番狂わせだ」と世界に驚きを与えた。

 さらに、平野は女子シングルスで48年ぶり表彰台となる銅メダルを獲得。石川は吉村真晴との混合ダブルスで48年ぶりの金メダルを手にし、卓球ニッポンの夜明けを感じさせた。

「ジャパニーズ・スターズは言った」…張本、平野、石川が意気込み

 そんな3選手にとって凱旋試合となるジャパン・オープン。ITTFも早速注目し、会見後とみられる笑顔の3ショットを掲載している。

「『世界選手権の成功を経て、ジャパン・オープンに向けてモチベーション十分です』とミウ・ヒラノ、トモカズ・ハリモト、カスミ・イシカワのジャパニーズ・スターズは言った。ジャパン・オープンは明日開幕!」

 このようにつづり、期待感を煽っている。この3人のみならず、水谷隼、大島祐哉、森薗政崇、早田ひな、伊藤美誠ら、世界選手権の代表メンバーも勢ぞろいする。

 果たして、世界選手権での経験を経て、彼らはどんなプレーを見せてくれるのか。注目の戦いが始まる。