キム・スヒョン、映画「リアル」メイン予告編で強烈な演技を見せる…アクションシーン&華やかな演出に視線集中

写真拡大

俳優キム・スヒョン主演の映画「リアル」のメイン予告編がベールを脱いだ。

13日、映画「リアル」(監督:イ・サラン) 側は強烈なビジュアルと緊張感溢れるストーリーを盛り込んだメイン予告編を初公開した。

「リアル」はアジア最大規模のカジノをめぐる二人の男性の巨大な秘密と陰謀を描いたアクションノワール映画だ。キム・スヒョンの一人二役への挑戦に期待が集まっている。

特に公開されたメイン予告編は、カジノ組織のボスであるチャン・テヨン(キム・スヒョン) の精神治療を担当する神経精神科の博士チェ・ジンギが「チャン・テヨンさん、殺人をしたことがあると言いましたね?」とし「これから残りの4週間、チャン・テヨンさんの隠された他の人格を殺す予定です」という意味深なセリフで始まる。

また、カジノのオープンを控えている組織のボスチャン・テヨンと謎の投資家チャン・テヨンが向き合ったシーンは、劇の緊張感をピークに導いた。「もう一度真似をしたら、ただではおかないと言っただろう」というセリフで、アジア最大規模のカジノ・シエスタをめぐって展開されるストーリーへの期待を高めた。

他にも期待以上のキム・スヒョンのアクション、独特で華やかな画面の演出まで、「リアル」が持つ様々な魅力を確認することができる。

「リアル」は韓国で28日に公開される。