2016年の第73回ベネチア国際映画祭でプレミア上映され、ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップの共演が話題を呼んでいた映画『プラネタリウム(原題:Planetarium)』が、9月23日(土)から公開されることに決定!

本作で初共演を果たし、姉妹役を演じるナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップ。

1930年代のパリを舞台に、死者と交信できる霊媒師として華々しく活躍する野心家の姉ローラ(ナタリー)と純粋な妹ケイト(リリー=ローズ)の運命が、ある映画プロデューサーと出会うことで狂い始めてゆき――というストーリーで、スピリチュアリズムの先駆者として有名なフォックス姉妹という実在のアメリカ人三姉妹と、フランスの伝説の映画プロデューサー、ベルナール・ナタンがモデルとなっている。

監督は、カンヌ国際映画祭でも大きな注目を集め、"フランスのソフィア・コッポラ"との異名をとるレベッカ・ズロトヴスキ。レベッカ×ナタリー×リリー=ローズ、3人のケミストリーにより、美しく刹那的、ミステリアスな物語が生まれた。

『プラネタリウム』

2017年9月23日(土)より、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開。