韓国の大学で不審物が爆発する事件が発生し、1人が負傷した。警察はテロの可能性を視野に入れて捜査を進めている。

複数の韓国メディアによると、事件が起きたのは13日午前8時40分頃。ソウルの延世大学機械工学科の研究室で突然爆発が起きた。在室していた教授は首、胸、手に軽いやけどを負って病院に運ばれた。

警察によると、教授は研究室のドアノブにかけられていた袋を見つけ、開封したところ、中に入っていた箱が突然爆発したという。また、目撃者によると、爆発の瞬間に箱から小さなネジが飛び散った。

警察はさらなる爆発を警戒して現場付近を封鎖し、捜査に乗り出した。

韓国の通信社、ニュース1は軍関係者の話として、爆弾テロが疑われる事案の発生時に、初動措置と民間人の防御作戦を行う特殊部隊の爆発性危険物処理チーム(EHCT)を投入したと伝えた。

前代未聞の事件を受けて、学内のSNSにはありとあらゆる情報や噂が飛び交っている。ある学生は「教授は優しく愉快な人柄で、恨みを買うような人ではない」と述べている。