雨の日でも大丈夫!(C)Disney

写真拡大

訪れるたびに新しい発見がある、東京ディズニーリゾート。できれば晴れの日に行きたいものですが、当日はあいにくの雨ということもあるでしょう。特に梅雨の時期はその確率が高くなります。

そこで今回は、元・年パスホルダーの記者が雨の日だからこそ楽しめる「ディズニー攻略法」をご紹介します。せっかく買ったチケット、空けたスケジュールは無駄にしないで!

雨の日はランド・シーどっちに行くべき?

まずは当日の持ち物からレクチャーします。持っていくべきなのは、晴れの日に持っていくものプラス、傘orレインコート、タオル、ビニール袋。タオルとビニール袋は濡れたものを拭いたり入れたりするので、少し多めに持っていくと便利。また、外を歩いて移動することは避けられないので、耐水性のある靴を履いていくことも大切です。バッグは、雨だとどうしても荷物が多くなってしまうので、両手が自由になるリュックなどがおすすめ。

雨具の組み合わせは好みによるので一概に言えませんが、傘は屋内に入ったときにカバンの中にしまえる折りたたみの方が便利なこともあります。記者のおすすめはレインコート+折りたたみ傘。レインコートを羽織るだけで身軽に行動できるほか、アトラクションなどのためにレインコートを脱いだあとには少しの移動なら折りたたみ傘で、そのあと落ち着いたタイミングで再びレインコートを着て...と、融通がききます。

さて、持ち物の用意ができたら、いよいよパークに向かいます。まだどちらのパークに行くか決めていないなら、記者は東京ディズニーシー(TDS)を推します。というのもTDSには屋内で上演されるショーが4つもあるからです。東京ディズニーランド(TDL)には、屋根がある場所でみられるショーは1つ(「ワンマンズ・ドリーム - ザ・マジック・リブズ・オン」)しかないうえ、座席抽選が行われる日が多いので、特定のアトラクションが目的でなければTDSを選ぶのが正解。

見たことないなんて絶対損! TDSの見逃せないショー

晴れの日には、たくさんのアトラクションに夢中になってしまって「1度も観たことがない」という人も少なくないショーですが、座ってゆったりと楽しめるので、雨の日にうってつけなのです。

TDSで楽しめる屋内ショーは、

・ビッグバンドビート(アメリカンウォーターフロント内ブロードウェイ・ミュージックシアター)
・マイ・フレンド・ダッフィー(アメリカンウォーターフロント内ケープコッド・クックオフ)
・アウト・オブ・シャドウランド(ロストリバーデルタ内ハンガーステージ)
・キング・トリトンのコンサート(マーメードラグーン内マーメイドラグーンシアター)

の4つ。

記者のおすすめは「ビッグバンドビート」です。スウィング・ジャズを中心にビッグバンドの生演奏が楽しめます。もちろんおなじみのディズニーキャラクターも登場。特にミッキーの華麗なドラムさばきとダンスには度肝を抜かれるかも。

このほか、ダッフィー好きには「マイ・フレンド・ダッフィー」、アリエルファンには「キング・トリトンのコンサート」がそれぞれおすすめです。「マイ・フレンド・ダッフィー」は、レストラン「ケープコッド・クックオフ」内で上演されます。ここでは飲み物や食べ物を注文する必要があるのでご注意を。

また、ディズニーのキャラクターが登場しない「アウト・オブ・シャドウランド」も見ごたえのあるミュージカル・ショーなので必見。ステージにはプロジェクションマッピングが施され、臨場感が味わえます。

「ビッグバンドビート」「アウト・オブ・シャドウランド」は事前に公演時間が決まっていますが、「マイ・フレンド・ダッフィー」「キング・トリトンのコンサート」は一部の時間を除き、随時上演しています。また、「ビッグバンドビート」は座席抽選が行われる日が多くありますが、初回公演と2階席は先着順。抽選に外れてもこの方法で入ることが可能です。

この4つを見て回るだけでもかなりのボリュームなので、雨でも損した気分にはなりません。空いた時間で待ち時間の少ないアトラクションを回ると、効率がいいですよ。今までショーには注目していなかったという人は、この機会に「TDSショー鑑賞ツアー」を敢行してみては?