公正取引委員長に任命された金尚祚氏(右)と文大統領=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、漢城大教授の金尚祚(キム・サンジョ)氏を公正取引委員長に任命した。

 青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)広報首席秘書官は、この日の会見で「自由で公正な競争秩序で公正な経済民主主義の秩序を作らなければならないが、大事な時間を浪費することはできない」として「文大統領は金候補者を公正取引委員長に任命した」と明らかにした。
 金氏は先月17日に公正取引委員長候補に指名され、今月2日に国会の政務委員会が開いた人事聴聞会に出席した。だが、実際に住んでいない場所を居住地として届け出る「偽装転入」をしていたなどとして野党が金氏の任命に反対、与野党が歩み寄ることができず、人事聴聞報告書の採択期限である12日までに聴聞報告書を採択できなかった。
 公正取引委員長は国会人事聴聞会の対象だが、任命に国会の承認を得る必要はない。
 最大野党「自由韓国党」は文大統領が金氏の任命を強行したことについて、「到底座視できない暴挙」と強く非難した。
ynhrm@yna.co.kr