5月22日(現地時間)にマンチェスターでコンサートを行った会場がテロの標的になったアリアナ・グランデ。ワールドツアー「Dangerous Woman」を一時中断し、6月4日(現地時間)に開催されたチャリティコンサート「One Love Manchester」で事件以後初めてステージに立ったアリアナが活動を本格再開した。

 

Merci, Paris ♡  Je t'aime Grateful to be back

Ariana Grandeさん(@arianagrande)がシェアした投稿 -

6月7日(現地時間)にパリ公演を無事に終え、インスタグラムにエッフェル塔の写真をアップし、「今夜が復帰後初のショーよ。あらゆる面で私たちの天使のことを思っている。みんなのことを心から愛しているわ。バンド、ダンサー、すべてのクルーに感謝し、彼らを誇りに思っている。愛している」とファンとスタッフに感謝のメッセージも投稿。また「パリ、ありがとう♡ 愛しています。戻ってこられて感謝しています」とライブ写真もシェアした。

 

「ミラー」紙によると、会場は厳戒態勢で、警官たちが厳重な警備に当たっていたと報じられている。でも、ファンたちは恐れることなくコンサートに参加。会場には「私たちは永遠にファミリー。私たちの結束を裂くものはない」というボードを持った女の子の姿も。アリアナは彼女たちの写真もインスタグラムにアップし、「あなたたちの勇気、強さ、共感と光はこれまで見たものの中で最も美しいわ」とコメント。

 

je t'aime

Ariana Grandeさん(@arianagrande)がシェアした投稿 -

チャリティコンサートでもテロには愛で立ち向かう姿勢を示し、世界中の賞賛と共感を集めたアリアナ。8月の来日公演を楽しみに応援したい!

Photos: Getty Images Text: Yoko Nagasaka