【360度ビデオ】ウッドワード・ドリーム・クルーズのコースを、ダッジ「チャージャー SRT ヘルキャット」で疑似ドライブ!
クルマ好きなら、「ウッドワード・ドリーム・クルーズ」のことを聞いたことがあるだろう。毎年、数千台ものクルマが集まるウッドワード・アベニューを、数百万人もの人々が訪れる。いわゆる"聖地"となっているわけだが、米国ミシガン州までなかなか来られない日本の読者のためにも、今回は「AutoblogVR」の360度映像でその様子をお届けしようと思う。Greg Migliore記者と共にダッジ「チャージャー SRT ヘルキャット」に乗り、ウッドワード・ドリーム・クルーズのコースをドライブしよう。


Greg記者は、まずこのクルマがいかに素晴らしいかを語り出す。ダッジのチャージャー SRT ヘルキャットは、0-60mph(約96km/h)を3.7秒で加速する性能でありながら、価格は6万5,945ドル(約725万円)に抑えられている。もちろん、この歴史的な道でヘルキャットの真のパワーを開放する事は出来ないのだが、それでも同記者の気持ちが挫けることはなかった。何といっても、米国内で最初の舗装路の1つであるこの道路を走るのは、スピードに関係なく実に良い体験だ。



ちょっとした「歴史の授業」の後、特にヘルキャットでこの道を走る意義について触れてから、ウッドワードを体験する最も良い方法の1つに取り掛かった。それはつまり、1番の食べ物を見つけ出す事だ。Greg記者は、彼のお気に入りのパブに立ち寄り我々に紹介してくれるが、このパブは氷山の一角に過ぎない。27マイル(約43.5km)に及ぶ道路には文化が根付いており、エンスージアストなら必ずドライブすべき道となっている。それが出来ないという方も、この360度映像で雰囲気を味わって欲しい。



AutoblogVRのアプリケーションには、毎月新しいエピソードが配信される。Autoblogのサイト上でもブラウザを使ってご覧いただけるが、最高のVRを体験するならApp StoreやGoogle Playから無料でダウンロードできるアプリを使うことをお勧めしたい​​​​​​。また、Googleが提供しているスマートフォンと組み合わせてVRを体験できる「Google Cardboard」もぜひ試して頂きたい。






By Autoblog Staff

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【BMW 特集】

■【海外レポート】『 BMW M4 CS 』強烈なオーラを発散し、その佇まいに惹き寄せられた:木下隆之
http://jp.autoblog.com/2017/06/11/bmw-m4-cs/

■【海外試乗記】BMW4シリーズマイチェン クーペ&カブリオレ ご免なさいBMW様、不肖小沢、ちと4シリーズナメてました〜!:小沢コージ
http://jp.autoblog.com/2017/06/05/bmw4-and-bmw/

■【海外試乗記】BMW M Experienceドライバートレーニングの哲学に触れると、目から鱗が落ち、感心で二の句がつけなくなる:木下隆之
http://jp.autoblog.com/2017/06/05/bmw-m-experience/