【詳細】他の写真はこちら

アラブの大富豪が乗っていそうです。

世界の民間航空業界をリードするエアバス社と、スーパーカーのみを生産するイタリアのパガーニ・アウトモビリ。この2社が共同で、ビジネスジェット『ACJ319neo』にラグジュアリーなデザインを施した『Infinito』のデザインコンセプトを発表しました。

空を見渡せる「スカイ・シーリング」





『Infinito』の最大の特徴は、キャビンの天井に設置された「スカイ・シーリング(sky ceiling)」でしょう。ここには実際の飛行機の上の様子を映し出したり、あるいはその他のイメージを表示することができます。まるでオープンカーがそのまま飛行機になったようなデザインです。

機内はラウンジエリアと会議室エリアに区切られ、仕切りとなる壁面はボタン一つで透明から半透明へと変化します。また通路や壁には自然からインスパイアされた曲面デザインが多く取り入れられており、長時間の空の旅のストレスを軽減してくれそうです。床は木製でカーペットはソフトレザー製と、まるで高級ホテルのラウンジのよう。

このコンセプトデザインのベース機となった8人乗りのエアバス『ACJ319neo』は1万2500km/15時間という広い航続範囲を実現していますし、このモデルの長胴型にあたる『ACJ320neo』ではビジネスジェットとしては最も幅広かつ天井高の高いキャビンを誇ります。顧客が内装を好みにカスタマイズすることが可能なのがビジネスジェットのメリットのひとつでもあるので、もしかしたらこのデザインコンセプトに惚れ込んだ世界の富豪が『Infinito』を実際に再現する……なんてことがあるかもしれませんね。

文/塚本直樹

関連サイト



エアバス社プレスリリース(英語)