安全運転、安全運転!
 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

写真拡大

 空知英秋による人気コミックを実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)の特別映像にて、原作においても印象的な主人公・銀時(小栗旬)の登場シーンなどがお披露目された。映画公開を前に、まさに小栗版・銀時の真骨頂が見えるさまざま場面が切り取られている。

 舞台となるのは、パラレルワールドの江戸末期。映像は、昔ながらの様式の家屋と近代的な高層ビルや宇宙船が混在するまさにカオスな街の様子を映し出す。そこに登場するのが、小栗ふんする風変わりな侍・銀時だ。好物を台無しにされた銀時が「俺のチョコレートパフェがこぼれちまったじゃねぇかぁぁ!」とブチ切れるのは、原作ファンにとっては胸がアツくなる一場面。

 そのほか、戦いに身を投じ“白夜叉”とおそれられたかつての銀時と、便利屋・万事屋をダラダラと営む現在の銀時のギャップもさることながら、普段は“ダメな大人”の銀時の眼が鋭い光を帯びるシーンも見もの。映像では、そんな銀時と家族のような絆で結ばれた仲間・新八(菅田将暉)&神楽(橋本環奈)との愉快な日常ものぞくことができる。

 原作は、累計発行部数5,100万部を超える、週刊少年ジャンプの看板コミック。主人公の銀時と仲間たちの周りで起こるさまざまな事件を時にコミカルに時にシリアスに描く。実写映画は、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一がメガホンを取り、小栗、菅田、橋本のほか、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛といったそうそうたる顔ぶれがそろう。(編集部・小山美咲)