画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ハーマンインターナショナルは6月13日、AKGのノイズキャンセリング対応イヤホン「N20NC」を発表した。発売は6月17日。価格はオープンで、直販価格は税別19,880円。

N20NCは、小型ハウジングを採用しながら、高い騒音低減率を実現したノイズキャンセリングイヤホン。ノイズキャンセリングの方式は、騒音集音用マイクをハウジング本体外側に配置する「フィードフォワード方式」と、鼓膜に近いドライバーユニット側に配置する「フィードバック方式」の両方を採用したハイブリッド方式となっている。ノイズキャンセリング機能は約20時間の連続使用が可能。電源オフ時にも通常のイヤホンとして使用できる「パッシブ・モード」も備えている。

ドライバーは10mmのダイナミック型で、振動板の振幅時に発生する背圧を最適化する「ベンチレーション・システム」を搭載。また、ハウジング部分から音筒が斜めに伸びる新設計の「アンクルド・チップ」構造を採用しており、快適な装着感と高い遮音性を実現しているという。

ケーブルは、Yコネクタから下部には柔軟性が高く断線しにくい布製被覆を、上部には衣類などの摩擦によるノイズを抑えるラバー被覆を使用。さらに、背面スイッチでAndroid用、iOS用の切り替えができるマイク付き3ボタンリモコンを装備している。

再生周波数帯域: 12Hz〜22kHz

インピーダンス: 16Ω

感度: 96dB

連続再生時間: 約20時間 (ノイズキャンセリング機能)

プラグ: 3.5mmステレオミニ (ストレートタイプ)

ケーブル長: 1.2m

付属品: イヤーチップ (XS、S、M、L)、専用キャリングケース、フライトアダプタ、充電用USBケーブル、クリーニングツール