チョ・ジョンソク、台湾のファンミーティングで爆発的人気を実感

写真拡大

俳優のチョ・ジョンソクが、ファンミーティング「The Room」で台湾のファンを熱狂させた。

チョ・ジョンソクは11日、台湾大学体育館で華麗に幕を上げたアジアツアー「The Room」ファンミーティングで、ファンのために準備した特別な公演と近い距離で交流を図り、熱狂的な反応を得た。

ファンミーティングのために台湾を訪問したチョ・ジョンソクは、空港から多くのファンの歓迎を受けて現地の人気を実感。

イベントはミュージカルを彷彿とさせるほどのスペシャルな内容でファンを魅了させ、現地メディアの爆発的な反応も引き起こした。自作曲「Gimme A Chocolate」をギター演奏とともに歌い、「Mooning」「Would you come to me」「少女」「My sacrifies」など、これまで出演したミュージカル作品とドラマOST(劇中歌) を熱唱した。

また、マイケル・ジャクソンのパフォーマンスや率直なトークでも現地ファンを魅了した。

そして自筆で書いた手紙を公開して、台湾のファンへ感謝の気持ちを伝えた。まだ不慣れな言葉遣いだったが、現地ファンに対するありがたい気持ちをそのまま詰め込んだ。

台湾での大切な時間でアジアツアーの幕を切り、7月2日にタイ、7月8日に日本でのファンミーティングを控えている。