学生の窓口編集部

写真拡大 (全19枚)

オーストリアの首都ウィーンは、中世ヨーロッパの栄華をからだの芯から感じ、その上で歴史と文化、芸術の世界を味わえる場所です。そんなウィーンへ観光に行きたいと考えているなら、どのようなことに注意すればいいのでしょうか? 今回はウィーン観光で知っておきたい注意事項と、世界遺産を含めたウィーンのおすすめ観光スポットを20個紹介します。

●まずはウィーンを観光する前に知っておきたい知識をチェック!

■ウィーンの治安

ストレス耐性チェック! 簡単な診断であなたの耐性をテストしてみよう

外務省の海外安全情報によると、ヨーロッパでは夏にかけて音楽(野外)フェスティバル、スポーツ大会、独立記念日などの行事イベントが各地で予定されていることと、国際会議、選挙などが続くことから、多くの人が集まる場所でのテロに注意喚起をしています。また、警備が他地域に集中し、手薄になった都市はテロの標的にされる可能性があるため、引き続き注意が必要です。

■ウィーンの時差

日本とウィーンの時差はマイナス8時間で、サマータイム中はマイナス7時間。たとえば日本が午前8時になるとウィーンは同じ日付の0時です。(サマータイムはマイナス1時間)日本のほうが進んでいます。

■ウィーンまでの飛行時間

日本からウィーンまでは直行便でおよそ12時間。東京(成田)からウィーン国際空港までは全日空とオーストリア航空(コードシェア)が直行便を運航しています。

■ウィーンまでの旅費

ウィーンは直行便利用で1都市滞在のニーズが低いため、成田発(4泊6日)フリープラン全日空利用で最安値18万円台〜となっています。人気は、食事つき観光つきの3都市周遊(ドイツ・オーストリア・チェコ)6泊8日で30万円〜など、フリープランというよりは旅行会社のパッケージツアーで全行程スケジュールが決まっているものの人気が高いようです。

最近では東京(羽田・成田)発、エミレーツ航空利用(ドバイ乗継ぎ)2泊5日で9万円〜などフリープランの弾丸ツアーなども販売されているので、商品選びを吟味しなければなりません。

多種多様の組み合わせが予想されますが、目的と予算、スケジュールを確認して旅行の準備をしましょう。飛行機だけでなく、列車でウィーン入りなどの組み合わせも考えられます。

■ウィーンの言語

ウィーンの公用語はドイツ語(人口の90%がゲルマン系オーストリア人のため)ですが、ホテルや空港などでは英語が通じます。

■ウィーンを観光する際の注意事項

オーストリアは、治安は比較的安全といわれていますが、旅行者を狙ったスリや置き引きは多発しています。また、警官を装ったニセ警官が親切と見せかけて金品を要求したり、だましたりする事例も増えてきています。

ヨーロッパを周遊する旅行では、列車やバスを利用して乗り継ぐこともあるかと思いますが、人を無条件に信じすぎないことがまずトラブルに巻き込まれないための鉄則です。あの手この手で観光客からお金を取ろうとする人もいるので、関わらない勇気も必要です。

●ウィーンのおすすめ観光地20選!

ウィーンのおすすめ観光地1.シェーンブルン宮殿

世界で最も美しい宮殿の1つと言われているシェーンブルン宮殿。観覧には日本語の音声ガイドがあるので、安心して館内をめぐることができます。宮殿内には1,441の部屋があり、そのうちの45部屋が一般公開されています。マリア・テレジア女帝やエリザベード皇后の暮らした豪華な部屋の数々を時間の許す限りまわりましょう。

あのマリア・テレジア・イエローの外観をより楽しむなら、花壇がさまざまな花で彩られる春から夏をおすすめします。不思議の国のアリスの世界に迷い込んだような迷宮庭園で、アリス気分を味わってみてはいかがですか。年間を通して多くの観光客が訪れる観光スポットでもあるので、事前にチケットの予約をしておきましょう。

ウィーンのおすすめ観光地2.ホーフブルク宮殿(王宮)

※画像はイメージです

絶大な権力を有していたハプスブルグ家が、約600年以上にわたって居住していた王宮です。広大な宮殿の中には、現在、オーストリア大統領府が置かれているほか、礼拝堂では、あのウィーン少年合唱団がミサで歌うことがあり、思いがけず練習の歌声を聞けたらとてもラッキー! 馬術学校の選び抜かれた美しい白馬たちの軽やかなステップやダンスなど、なかなか目にすることのない世界が広がっているでしょう。

人気のシシィ博物館も敷地内にあり、観光客が必ず驚愕するスポット「シシィのシルエット」は必見。身長172cm、体重50kg(そのうち髪の重さが5kg)、ウェスト50cm! もちろん展示されているドレスのウェストも極細です!

ウィーンのおすすめ観光地3.シュテファン大聖堂

地下鉄のシュテファンスプラッツ駅を出ると見えるウィーンのシンボル的存在の教会。4つの塔のうち、最も高い南の塔の343段のらせん階段を上った先には塔の小部屋があり、塔のてっぺんから眺めるウィーンの町並みは絶品です。ただ、かなりグルグルと回るので、ハイヒールなどでの観光は向いていないでしょう。北の塔にある「プンメリン」と呼ばれる大鐘は、新年を迎えるときなど特別なイベントのときだけ鳴らされます。低い音の大鐘という意味を持つ「プンメリン」はどんな音を奏でるのか、聞いてみたいですね。

ハプスブルグ家の人たちをはじめ多くの歴史上の人物が眠る墓所があるだけでなく、モーツアルトの結婚式や葬儀が行われた大聖堂でもあります。

ウィーンのおすすめ観光地4.ウィーン国立歌劇場(国立オペラ座)

トム・クルーズ主演の「MI5」が、オペラ座の屋根とオーディトリアムで撮影され、世界初の披露がオペラ座で行われ話題になったのを覚えている人もいるかもしれませんね。

1869年に完成し、ミラノのスカラ座、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場と並んで、世界三大歌劇場と呼ばれる世界最高峰の歌劇場です。公演数も世界トップクラスで、毎年9月から翌年の6月までのシーズン中は、ほぼ毎日公演が開かれています。世界的中の人を魅了するウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やウィーン少年合唱団が、本拠地として活動をしていることでも知られています。

高額なイメージのするオペラ鑑賞ですが、「オペラの空気感だけでも味わいたい!」という人には「当日立ち見席」なるものがあります。このチケット、地元ウィーンの方も数時間から並ぶ(自前の椅子持参)人気ぶりなのです。チケット販売時間まで、編み物をしたりチェスをしたりする、並び慣れている人たちに紛れているのも、楽しい旅の1ページになるのはないでしょうか。オペラを鑑賞する時間のない人は、日本人向けのガイドツアーに参加してみるのもおすすめです。

ウィーンのおすすめ観光地5.ミラベル宮殿

※画像はイメージです

映画「サウンド・オブ・ミュージック」でマリアと子供たちが「ドレミの歌」を歌う大切なシーンが撮影され、今でも季節を問わず、世界中から観光客が集まります。

愛する人への証として建てられた宮殿には、幼少のモーツアルトが演奏会を開いたとされる大理石の間があり、最近では日本の女性たちに美空間ウェディングスポットとして人気大! SNSでもたびたび登場していますね。

家族愛、恋人への愛、大切な人への愛が詰まった宮殿と庭園は、ロマンチックなものには目がない人はぜひ訪れてほしいスポットです。

ウィーンのおすすめ観光地6.リングトラム

※画像はイメージです

かつて城壁だった道路に沿って、かわいい黄色のトラムが走っています。観光の移動に使うときは、乗り降り自由のチケットを購入しておくと便利。トラムの動きに任せ乗っているだけでも、オペラ座やホーフブルク王宮など、次々とヨーロッパらしい風景が楽しめるでしょう。思いがけず目に飛び込んだ場所に行くこともでき、地下鉄と違い景色が見えるのはうれしいですね。毎日朝10時から夜6時まで30分間隔で運行しています。約25分で1周でき、日本語の解説もあるので安心です。

ウィーンのおすすめ観光地7.ワルツ

※画像はイメージです



1986年オープンのワルツは、日本人経営のお店で日本人スタッフもいるので安心して買い物が楽しめるお店です。「あ! あれがほしい」と思う代表的なお土産の品揃えも万全です。店内にはドリンクサービスや、トイレを無料で利用できるなどのサービスがあるので、日本人観光客の姿が多く見られるのも納得。ホームページも開設されているので、観光で訪れる前にチェックをしておくとより安心です。

お店はメインストリートのケルントナー通りに面し、オペラ座やシュテファン大聖堂などからも徒歩圏内にあるので、散策の途中などに立ち寄ってもみるのはどうでしょう。

ウィーンのおすすめ観光地8.ヴェルベデーレ宮殿

ヴェルベデーレ宮殿は、19世紀から20世紀にかけて活躍したオーストリア出身の画家、クリムトの世界最大のコレクションがある宮殿です。クリムトの代表作「接吻」の名を初めて聞く人でも、「のだめカンタービレ」で、のだめに写真をガンガン撮られていたライオンと言えば思い出す人もいるでしょう。その姿を探して多くののだめファンが訪れています。後ろに回って見えるライオンのお尻はとってもキュートです。

最近では、おしゃれ女子たちのネイルデザインにも登場しているというクリムト。世紀末芸術のカリスマが描く、男と女が作り出す世界を覗けば、恋愛観が変わってしまうかもしれませんね。

ウィーンのおすすめ観光地9.トラサンパーク

※画像はイメージです



映画「男はつらいよ」でおなじみの寅さんの名前がついた公園がウィーンにあるのを知っていますか? 映画のロケによって結ばれた友好の証として作られた、その名も「Tora San Park」。ウィーン市内で多く見られる絢爛豪華な宮殿庭園などとは違い、旧ドナウ川三日月湖畔のそばにある、寅さんらしい素朴な公園です。日本が恋しくなったときは、笑顔で微笑む石碑の寅さんに会いに行ってみては?

「世界ふしぎ発見」でも寅さん特集回のときには訪れており、ミステリーハンター気分で訪れたい公園です。

ウィーンのおすすめ観光地10.ケルントナー通り

オペラ座からシュテファン大聖堂まで続く、ウィーンを代表する繁華街。食事や買い物で一番訪れることが多いので、ある意味一番ウィーンらしい場所かもしれませんね。

日本でも人気のショップも軒を連ねるので、H&Mのなどのファストファッションを楽しんだ後に、スワロフスキーのお店で光り輝く世界を満喫するのがおすすめです。日本未上陸の新作などにも出会えるかもしれません。陽が沈みかけたころにストリートミュージシャンたちが奏でる音楽に耳を傾ければ、気持ちはすっかりウィーンっ子ですね。

ウィーンのおすすめ観光地11.市庁舎 市庁舎公園

※画像はイメージです



1883年に建設された総面積11万3,000平方メートルを誇るウィーン市行政の中心。市民の憩いの場ともなっていて、目の前には駅もあるのでトラムで行ってみましょう。

1年の中で一番のおすすめの季節は冬。1月から3月には、世界で一番美しいアイススケートリンク「アイスドリーム」が市庁舎の前に出現し、冷えた体を温める期間限定のドリクがスタンドで楽しめます。クリスマスマーケットでは、カラフルなオーナメントであふれたお店が立ち並び、市庁前が一番ホットになる季節です。地元の人たちのテンションも上がりまくるこの季節は、期待を裏切らないでしょう。

ウィーンのおすすめ観光地12.ウィーン歴史地区

旧市街地をぐるりと囲むように作られた環状道路、通称「リング」の内側、ウィーン歴史地区にはシュテファン大聖堂、ペーター教会などの中世ヨーロッパの町並みがぎゅっ! と凝縮された場所です。石畳の町中には、フィアカー馬車と呼ばれる日本で言う人力車のようなものが観光客を楽しませています。「人力車に乗るのには勇気が……」という人は、ここはウィーン、ぜひ旅の思い出に挑戦してみましょう!

ウィーン歴史地区にある重厚な石造りの建物がウィーン大学です。売店で購入可能な大学のロゴが入ったバッグや文房具は、こだわりのある人へのお土産にピッタリ! 日替わりランチのある学食(メンザ)も利用可能なので、現地の学生さんに交じったちょっと変わったウィーンの楽しみ方ができる場所としてもおすすめです。

地区内には偉大な音楽家たちの墓所も点在しています。モーツアルト(ザンクトマルクス墓地)、ベートベン(ウィーン中央墓地)など、彼らが最後にたどり着いた場所に花を手向けに行ってはどうでしょうか。

ウィーンのおすすめ観光地13.ペーター教会

グラーベン通り、エルメス横の道の奥にある小さな教会。グリーンのまん丸屋根の外観からは想像できない、絢爛豪華な内装はまさか、と疑うほど美しい装飾です。1751年製のオルガンで演奏される無料のコンサートは、観光客だけでなく、音楽に敏感な地元の人たちも足を運ばせているそうです(月〜金15時、土、日20時)。

場所柄、ショッピングで歩き疲れ、なんとなく立ち寄った場所がペーター教会という人も多く、思いがけず聴いたオルガンの幻想的な音色と、外観のギャップにまんまとやられたリピーターが多いのも納得。華やかで見上げるような教会が多いウィーンの中で、隠れ家的な教会です。

ウィーンのおすすめ観光地14.ナッシュマルクト

※画像はイメージです



カールスプラッツ駅のセッション側を出るとすぐスタートするのが、「ウィーンの胃袋」「ウィーンの台所」と言われているナッシュマルクト。食品やお土産など、いろんなものが世界中から集まる市場は集まる人も国際色豊かです。季節によっては、日本のりんごに出会えることも! 友達へのお土産も「市場で選んでみたよ」なんて言うとちょっと旅慣れた感じでオシャレに聞こえますね。

青空市に並んだお店は、どれもサービス満点。試食でお腹がいっぱいになってしまったときは、市場内のカフェのテラスで、市場の人と買物客で賑わう風景を楽しむのもよいでしょう。

毎週土曜日に開催される蚤の市では、掘り出し物と言えるアンティークなカップや照明などと同じくらい、マッチ箱や古い蛇口、誰かの写真など、「いったい誰が買う?」と思うようなマニアックな商品が並ぶので、スケジュールが合えば、ぜひ覗いてみて!

ウィーンのおすすめ観光地15.カフェ ザッハーウィーン


※画像はイメージです

ウィーン二大カフェ、そしてチョコレートケーキの王様、「ザッハートルテ」発祥の超有名店と聞けば、スウィーツ好きならピン! と来る人もいるでしょう、それが「カフェ ザッハーウィーン」です。ここでウィーンのカフェタイムの定番を味わってみましょう。

名門の味を満喫した後は、お友達用のお土産を考える余裕も生まれるはずです。おすすめは、お土産用のオシャレな木箱に入ったホールケーキ。日持ちは常温で約2週間ですが、季節によって差があるので確認をお忘れなく! カフェ ザッハーウィーンを楽しんだその後は、二大カフェ、もう一つのお店、ハプスブルク家御用達の名店「デメル」でのザッハートルテも食べ比べるのが通。地元っ子に人気の「アップルシュトルデール」など、歴代の皇帝たちが認めた味が楽しめます。

ウィーンのおすすめ観光地16.ビラ コルソ(リンクシュトラーセン ガレリエン店)

※画像はイメージです



ビラ・コルソの黄色の買い物袋(紙製)が日本人にすごい人気だということを知っていますか? 1800年代の貴婦人(?)とシルクハットを被ったカワマスのデザインの買い物袋は、帰国後にエコバックとして使用したり、友達へのお土産にしたりと、とっても便利です。店内にはドラッグストアのほか、リンツやモーツアルトのチョコレートなどのお土産品も充実しています。店内には、日本でもよく見かけるエナジードリンク「レッドブル」がドーン! と陳列されています。この「レッドブル」、実はオーストリアの会社が販売しているもので、日本と海外で含まれる成分に違いがあるそうです。場所はリンクシュトラーセギャラリー駅の地下にあるので、行きたいときに気軽に行けるのが魅力です。

ウィーンのおすすめ観光地17.カフェ ゲルストナー

皇帝所蔵の絵画やコレクション品を展示する美術史美術館内のカフェ、「カフェゲルストナー」。絵画フロアの中央、ドームの下に広がるゴージャスな空間は、広い館内での美術鑑賞の合間に立ち寄り、見てきた作品を思い返す場としても最適です。お城の中でのティータイムは、観光客はもとより地元での人気が大きいのが特徴です。

季節のフルーツケーキなど持ち帰りOKな商品も多く、ホテルでのケーキは、昼間の優雅な世界を思い出させてくれるでしょう。ここで忘れていけないのは「すみれの花の砂糖漬け」。シシィが愛した「すみれの花の砂糖漬け」は入れ物もとってもキュートで、お土産にリクエストする人が多い人気商品です。

ウィーンのおすすめ観光地18.アルカディア オペラ ショップ

※画像はイメージです


オペラ座併設のミュージアムショップ。チケットなどは不要で、外から誰でも買い物をすることができます。こぢんまりとした店内には、オペラや音楽関連のグッズがぎっしりです。音楽好きな友達には音符がモチーフの雑貨を、普通のお土産品に物足りなさを感じた人には、モーツアルトのマウスパッドなど、ちょっとレアなデザインものがあるのでおすすめかもしれません。

劇場のスケジュールに合わせて商品は陳列されているので、鑑賞後に訪れると楽しさは何倍にも。「あのシーンのあの曲」がきっと見つかりますよ!

ウィーンのおすすめ観光地19.シェーンブルン動物園(ティーアガルテン シェーンブルン)

※画像はイメージです



宮殿と庭園にお腹いっぱいになった人におすすめなのが、世界最古の動物園&ヨーロッパ最良の動物園と評価されているシェーンブルン動物園。広い園内では、動物たちが可能な限り自然に近い環境で生活をしているのも、動物、観光客にとっても嬉しいですね。

かくれんぼうがプロ級の腕前の双子のパンダ、フーフェンとフーバンは、どこにいるのか見つけるのが難しくレアな存在。日本とは違い行列もないので、のんびりパンダタイムを楽しめます。

園内にあるカフェでは、「高級ブレックファースト」「アクアディナー」「サファリディナー」などが用意され、楽しみ方も最大級。園内には無料トイレがあり、そこに秘密のお楽しみが……個室に入るとわかるその楽しみは…個室のドア全面に人気動物たちの巨大写真が貼られ、パンダに見つめられての経験はなかなかできないですね。

ウィーンのおすすめ観光地20.市立公園

※画像はイメージです


リングの左側に位置し、150年の歴史を持つウィーン最古の公園には、世界で最も撮影されている記念碑の1つ、金ピカのシュトラウス像があります。大勢の人だかりができているので、すぐに発見できるでしょう。また、園内には音楽家や画家、市長など石碑のオンパレード! シシィのファンには、市民庭園にある記念碑がおすすめ。モーツアルトは王宮庭園にある記念碑にいます。

日本でポケモンGOが流行った頃、この市民公園でも多くのポケモンハンターが集まり話題になりました。twitterなどで、シューベルトとコダックのツーショットなどを目にしたことがある人もいるのでは? ヨーロッパ限定のポケモン、「バリアード」にもいつか出会えるかもしれませんね。

芝生が引き詰められた広場、カモが浮かぶ池、季節の花で飾られた花時計と特別なものはないけれど、観光で歩き疲れなど、ふと立ち寄ってみたくなる公園は市民の憩いの広場でもあります。

ウィーンのおすすめ観光スポットを20個紹介してきましたが、いかがでしょうか? 宮殿や公園の中だけでなく、街の至る所でオーストリア文化の花開いた時代を感じ取ることができるウィーン。ぜひ実際にウィーンを訪れて、これらのスポットを五感で味わってみてくださいね。

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)
学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。