秩父の大自然を背景に駆け抜ける新型特急(イメージ)

写真拡大

西武鉄道は、2018年度末に運行開始を予定している新型特急車両の基本デザインを発表した。

【写真を見る】車体外観(イメージ)

新型特急車両のデザインコンセプトは「都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急」「みんながくつろげるリビングのような特急」「新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急」の3つ。エクステリアデザインは、前面ガラスに国内初となる大きな三次元の曲面ガラスを採用し、やわらかな印象の先頭デザインとした。また、先頭のやわらかな曲面が全体の編成へと自然に連続するよう、緩いカーブのある車体断面に設計されている。車体カラーはアルミ素材の車両に塗装仕様を施し、客室窓は乗客一人ひとりがくつろげるよう等間隔で配置される。

客室は、大きな窓のある明るい白い壁のシンプルな室内に、あたたかな黄色配色を基調とした座席シートが並ぶ。テキスタイルは全体の統一感を意識し、シートは体を優しく包み込むソファーのようなデザインだ。エントランスも黄色配色をベースに、乗車の際に落ち着きと安心感を与えるデザイン。また、一部の壁には曲面デザインを採用し、壁面に寄り掛かれる余裕のある空間を作り出している。トイレは1号車と5号車に設置され、また5号車には西武鉄道初となる女性専用トイレを設け、パウダールーム、共用トイレ、男性用トイレも同時に配置する。

車内設備としては、すべての車両で「SEIBU FREE Wi-Fi」が利用でき、また各座席には電源コンセントを搭載したことで、旅行や行楽時、ビジネスなどに活用しやすい仕組み。なお、5号車にはAEDが装備される。さらに車内LCD画面表示器や車内設備案内板は英文表示に対応している。

「いままでに見たことのない新しい車両」を実現すべく、世界で活躍する建築家・妹島和世氏監修のもと開発が進められる新型特急車両。その完成が今から待ち遠しい。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】