良い脂肪と悪い脂肪の具体的な違いってご存知ですか?動物性脂肪の取りすぎが身体に悪いことは知っていても、具体的にどのように悪いかはあまり知られていないものです。身体に良いとされる脂肪においても同様です。そんな良い脂肪と悪い脂肪の特徴や違いについて紹介しましょう。

身体に悪いとされている脂肪

お肉や乳製品などに多く含まれていることで知られる動物性脂肪。わたしたちは毎日の食事でついついお肉や乳製品を取り過ぎてしまうのでなにかと過剰になりがちな脂肪です。動物性脂肪には飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸が含まれていますが、これが過剰となると様々な悪影響がもたらされることで知られています。具体的には、血中の悪玉コレステロールが増えたり、血液がドロドロになったり、死亡リスクが上昇したりといったものです。また飽和脂肪酸は後ほど紹介する不飽和脂肪酸よりも脂肪として蓄積されやすい性質を持っています。

飽和脂肪酸と併せてトランス脂肪酸も悪い脂肪酸とされています。お菓子などの加工食品の脂肪に多く含まれていることで知られるトランス脂肪酸も、血中の悪玉コレステロールを増やしてしまい、ドロドロな血液へと導いてしまう性質を孕んでいます。不飽和脂肪酸もトランス脂肪酸も結果的に心臓疾患や高血圧など、あらゆる生活習慣を招く要因となり得るので、くれぐれも摂りすぎには注意したい悪い脂肪分なのです。

身体に良いとされている脂肪

飽和脂肪酸やトランス脂肪酸といった悪い脂肪に対して、良い脂肪とされるのが不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸といった脂肪です。野菜・大豆製品・ゴマ・ナッツ類等に含まれる不飽和脂肪酸、魚介類に含まれる多価不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働き、中世脂肪値を下げる働きが期待できる優秀な脂肪分です。更に脂肪として蓄積されにくい性質ももっています。身体に悪いとされている脂肪酸とはまるで対照的な脂肪分です。

野菜や魚を食べる機会は減っているのに、お肉やお菓子ばかり食べがちな人は、不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸が不足しがち。何もお肉やお菓子を食べるなというわけではありませんが、いつも健康でいたいのならお肉やお菓子ばかりでなく、野菜や魚等も積極的に食べるべきなのです。良い脂肪が何故良くて、悪い脂肪が何故悪いのかわかったところで、早速毎日の食事管理に役立ててみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部