アンカー山口の代役に抜擢!? 遠藤航が力説する高温&乾燥下でのマネジメントの重要性

写真拡大

「日本で最もデュエルに勝っている」男が山口の代役候補に

 日本代表MF遠藤航は、13日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦に向けて、高温で乾燥した環境下では「ゲームマネジメントをしないと90分間持たない」と語っている。

 バヒド・ハリルホジッチ監督はシリア戦の前日記者会見で、中盤に負傷者が続出していることを嘆いた。そうしたなかでクローズアップされるのが、指揮官から「日本で最もデュエルに勝っている」と評価される遠藤の存在だ。MF山口蛍が別メニュー調整が続き、ボール奪取能力に優れる遠藤をアンカーの代役として起用する選択肢が浮上している。

 クラブシーンでは3バックの中央でプレー。浦和のサッカーでは後方からのビルドアップ、サイドチェンジパスの供給といった攻撃的な仕事も求められる一方で、ポジションが一列前に上がるとなれば、相手のプレスを受ける環境は180度から360度に変化する。

 遠藤は「(浦和で)あまりボランチをやっていない不安はありますけど、それを言い訳にはできない。普段よりプレッシャーを感じると思うので、そのフィーリングはつかめた。あとはピッチ状態も考えながらやりつつ、自分の良さである縦のボールを出していきたい」とイメージを作っている。

 そのイラク戦は中立地イランで開催され、夕方の時間帯にキックオフされる。高温で乾燥した状況に、選手たちは水分補給の重要性も口にしているが、遠藤は1試合を通してのチームとしてのマネジメントの必要性を説く。

A代表定着へ「イラク戦がすごく大事になる」

「チーム全体としては暑さがあるという話をしている。ゆっくりしていくところとギアを上げる判断、守備でも前から行くところとブロックを作る判断をしないと90分持たないので、自分でも考えながらやりたい」

 昨年はリオデジャネイロ五輪出場を目指すチームのキャプテンとしてアジア制覇を成し遂げ、本大会でも不動の存在として攻守両面を支えた。リオ五輪世代屈指のオールラウンダーは、A代表定着とワールドカップ出場を目指しているが、「チャンスは何回も来るものではない。代表に残っていく上ではイラク戦がすごく大事だと思っている」と危機感を募らせる。

 代表クラスの選手が揃う浦和でも統率力を発揮している遠藤は、大一番のイラク戦でチームの中心を担うキーマンに指名されるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images