@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

エスカレードも8速AT時代

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、アメリカンラグジュアリーフルサイズSUV、新型「キャデラック・エスカレード」を6月17日から発売する。

新型は、パワートレインに新たに8速オートマティックを採用。

最高出力:426ps
最大トルク:63.5kg-m
変速機:6速ATからハイドラマティック8速ATに

この圧倒的パワーに、加速性、高速走行時の燃費性能がくわわったことになる。

また「プレミアム」には、2列目にベンチシートを採用して、3列8人乗りシートを標準装備。乗車定員も7人から8人になった。2・3列目は、パワーフォールディング機能により瞬時に折りたためるようになり、フラットなラゲッジスペースを活用できる。
 

エスカレードの3サイズ、言えますか? 「視野角3倍」に

さらにカメラレンズウォッシャー付リアカメラミラーは、従来のミラーより3倍の視野を確保し、死角が多くなりがちなフルサイズSUVでも後方視界を拡大。汚れなどによる視界不良を軽減するカメラウォッシャーも搭載した。

なお、エスカレードの3サイズは、5195×2065×1910mm。

これだけ大きいのだから、新たに搭載される「オートマチックパーキングアシスト(縦列・並列駐車対応)」はきっと心強い装備になるだろう。

価格は、「エスカレード・プレミアム」が12,600,000円、「エスカレード・プラチナム」が13,600,000円。