MINIクーパーのハイスペックモデル「クーパーS」改良型(LCI)を初めてキャッチしました。

エクステリアの改良点はヘッドライト及びテールライトのグラフィック、バンパーのリフレッシュ程度に収まりそうですが、パワートレインに要注目です。

搭載される2リットル直列4気筒はターボシステムをアップデートし、198psへ向上が見込まれています。

さらにオプションでは、変速効率が非常に高い「DCT」(デュアルクラッチトランスミッション)の選択が可能になるようです。これにより加速力がアップ、走りを追及したいドライバーも満足する上、燃費の改善も期待されます。

室内では、クラブマンやカントリーマン新型にも採用されている、タッチスクリーン・ナビゲーションシステムや、ムードライティングなどを採用。ボディカラーに2〜3の新色が追加されるとレポートされています。

「MINIクーパーS」のワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

MINIクーパー「S」改良型、走り屋も納得のDCTも選択可能に!?(http://clicccar.com/2017/06/13/479974/)