ヤマハ発動機、2018年モトクロス競技用モデル「YZシリーズ」国内仕様6機種を8月30日より発売


 ヤマハ発動機は、84cm3〜449cm3の排気量のモトクロス競技用モデル「YZシリーズ」の2018年国内仕様6機種を8月30日より発売する。


 最大排気量の「YZ450F」は、"IGNITE OFF-MANIA'S DESIRE !"をコンセプトに新スペックエンジン、新設計フレームを採用。

■2018「YZ450F」主な特徴と変更点
 一新したエンジンは、パワーフィーリングを引き出すため、吸気ポートを新設計し、12.8:1の高圧縮比を支える新燃焼室を採用。新作軽量アルミ鍛造ピストンは、天面部リブ形状をチューニングして強度を確保、かつ質量を低減。ピストンピンにはDLCコートを施しフリクションロス低減を図っている。カムプロフィールは吸排ともハイリフト化し、バルブタイミングを最適化。

 プレッシャープレートは、センターリブの形状を変更し軽量化を図りつつ、剛性を確保、良好なミート感を引き出した。クラッチプレートは、両面に研削を施し駆動力の伝達ロスを低減。トランスミッションは、2〜4速の歯幅を約1亞搬腓型頼性を向上させ、あわせてシフターストロークを1亳困蕕掘▲疋奪扱曽もチューニング、良好なシフト操作感をもたらしている。


 新設計のバイラテラルビーム・フレームを採用し、タンクレールをストレート化、テンションパイプ配置を最適化した。縦・横・捻れ剛性値は平均約15%向上、エンジン搭載角変更(後傾8.2度 6.2度)、懸架位置変更、懸架ブラケット最適化などの変更が加わりギャップ走破性、旋回性、操縦安定性を支える。その他、前後リム、ハンドル、ドライブチェーンなど細部の軽量化を施した。
 サスペンションは、フロントフォークのシリンダー径を24个ら25个乏搬腓轡イル流量をアップ。中速域での減衰発生を受け持つミッドスピードバルブは、微量のオイル流量にも対応するリーフスプリングを新たに織り込み低速での良好な減衰感をもたらす。リアのショックアブソーバーは、高い疲労強度特性をもつコイルスプリングを採用して軽量化。サブタンク容量も増やし減衰力の安定化を図った。
 レース中での始動、再始動の容易化を図るためヤマハモーターサイクル初となる軽量リチウムイオンバッテリーを電源とするセルフスターターを採用し、戦闘力向上をはかった。小型設計のトルクリミッターをプライマリーギアにオフセット配置する設計により、マス集中・軽量化・コンパクト化も達成。スターター装着ながらクランクケースは従来と同サイズとなっている。


 2018年モデルは、無料の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンでセッティング操作可能なシステムとした。セッティングの精度も向上し、燃料噴射/点火時期のマップは、従来モデルの「3×3」から「4×4」の格子へと細分化、ビジュアルでの表示も可能とした。各格子に設定できる数値も任意に選べ、狙いの回転域でのきめ細かなセッティングも可能。その他、レースログや故障診断コードの表示、リアルタイム車両状況チェック、バックアップ機能、作成したマップやレースログをユーザー同士で簡単にシェアできる機能なども備えている。


 2018年モデル「YZ450F」は、"意のままに操る快感"をデザインコンセプトに掲げデザインを行い、「YZ450F」のシンボルであるホリゾンタルラインを進化させ強調。連続したバンプの走行でも頭の位置を動かさず滑らかに走行するライダーのイメージを、新シート、低く設定したリアフェンダー位置などのバランスを整え表現した。新設計フロントダクトのデザインは、前方吸気というオリジナリティを可視化する基本的な考え方を受け継ぎ、ライダー視線でフロントまわりに軽快な印象を感じられる造形処理とした。サイドカバーは、ポリアミド樹脂(PA)を新たに投入し、熱影響も受けにくく滑らかな表面はライダーアクションをサポート、マシンがライダーにあわせてくれるような自由自在なフィーリングを実現した。


 「YZ250F」「YZ250」「YZ125」「YZ85」「YZ85LW」は、カラーリング&グラフィックデザインを一新。トップエンドモデル「YZ450F」とのデザインリレーションを行う。

 「YZシリーズ」の2018年国内仕様6機種は、2017年6月13日から12月10日の期間限定で予約受付を行い販売する。希望小売価格(消費税込み)は、YZ450F 1,105,200円、YZ250F 777,600円、YZ250 723,600円、YZ125 615,600円、YZ85 399,600円、YZ85LW 388,800円。

【ギャラリー】YAMAHA YZ 201814

■ヤマハ発動機 公式サイト
https://www.yamaha-motor.co.jp/