Image: © 2017 MI Seven Japan, Inc. All rights reserved. via MI7Japan/YouTube


充分、お小遣い圏内です。

今までに何度か紹介してきたROLI社の五次元タッチキーボード「Seaboard」に、ニューカマーがやってきました。新たなラインナップ「Seaboard Block」は24鍵(2オクターブ)を搭載した小型のSeaboard。このぐらいのが欲しかったんだ、という声もきっと多かったことでしょう。


Video: MI7Japan/YouTube


Video: MI7Japan/YouTube


これ、連結できるのやばくないですか? 横282mm×奥行141mmというコンパクトさはスペース的にはありがたいけれど、ガッツリ弾くには鍵盤が物足りない。そう思ったらもう1つ買い足せばいいんです。しかも連結せずに別の音源を鳴らすこともできるんですから、無用途になることもない。カバンに入れて鍵盤がカチャカチャしないのも、地味に嬉しい。

また、「Seaboard Block」は同社のモジュール式インストゥルメント・デバイス「Roli Blocks」ファミリーと互換があります。同じく新登場のモジュール「Touch Block」は、グライドやプレス、ストライクなどの5D的アクションのコントロールできるため、演奏中でもスマートなセンシティブ制御が可能。これまでの「Seaboard RISE」シリーズの新作ではなく、あくまでBlocksシリーズにSeaboardがやってきた、という感じでしょうか。

気になる価格は「Seaboard Block」が3万6800円、「Touch Block」が1万500円。「Seaboard RISE 25」が約10万円ですから、そう思うとめちゃくちゃリーズナブルです。USB、BluetoothでPCやiOSと、BlocksとはDNAコネクターで接続します。

しかし、あのSeaboardが3万円台でゲットできるようになろうとは……。DAW制作のアクセントとしてだけでなく、iOS演奏の表現性にも文字通り奥行きが生まれましたね。

・モジュール式楽器デバイス「Roli Blocks」は音楽制作をもっとモバイルにする

Image: © 2017 MI Seven Japan, Inc. All rights reserved. via MI7Japan/YouTube
Source: YouTube(1・2), エムアイセブンジャパン

(ヤマダユウス型)