ロバート・パティンソン Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images

写真拡大

 マーティン・スコセッシが製作総指揮を務める新作映画「The Souvenir(原題)」に、ロバート・パティンソンが主演することが決定した。トム・ヒドルストン主演の映画「家族の波紋」(2010)で知られる英監督ジョアンナ・ホッグがメガホンをとる。

 米ハリウッド・レポーターによれば、本作はパティンソンのほかに、アリアンヌ・ラベッド、リチャード・アイオアディ、トム・バークが出演。1980年代を舞台に、映画製作を学ぶ女子学生が、信用ならない不倫相手との関係から真実を探ろうとする2部構成のロマンティックミステリーだという。ヒロインを演じる女優は未定。バークが不倫相手の男を演じ、パティンソンは第2部の主人公を演じるようだ。

 パティンソンは、先ごろカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された主演映画「グッド・タイム(原題)」(ジョシュア&ベニー・サフディ兄弟監督)の演技が高く評価された。新作「The Souvenir」は、第1部の撮影が今夏クランクインし、2018年夏に第2部の撮影が行われる。