手描きイラストから絵文字を類推

Googleは12日(米国時間)、キーボードアプリ「Gboard」のブラッシュアップとして、機械学習機能による新機能を搭載し、タイピング品質の向上やテキスト作成時間の短縮を実現したと発表した。

まず、絵文字に関しては、絵文字検索ボックスで手描き検索が可能になった。表示させたい絵文字をイメージしてイラストを手描きすると、そのイラストが自動認識され、イラストに似た絵文字が一覧となって表示される。

イラストを書き進める最中にも色々な候補を表示する

また、入力予測に基づき、ユーザーが複数の単語を入力すると、複数単語の予測が表示されるようになる。例えば、英語バージョンでは「looking forward」と打つと、「to seeing」や「to it」が予測フレーズとして表示される。リリース時は英語のみ対応するが、今後多くの言語に対応するとしている。

単語ではなくフレーズで予測表示するのでテキスト入力時間の短縮になる

「Gboard」での検索に対しては、複数の検索結果が表示されるようになり、地図の表示やお店に電話をかけたりできるようになった。

 

本機能は、「Gboard」のバージョン6.3に搭載されており、Google Playストアで最新版にアップデートする必要がある。

 

発表資料

URL:https://blog.google/products/search/brush-gboards-latest-tips-and-tricks/

2017/06/13

 


▷こちらもおすすめ

ドコモ、スマートフォンの2017年夏モデル2製品を6月15日に発売

 

サンワサプライ、MacBook用のUSB PD対応Type-Cハブ2製品を発売

 

Adonit、ポケットサイズの高精度なタッチペン「Adonit Mini 3」を発売