「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」出展作品の制作現場公開!第2弾参加作家も発表

写真拡大 (全5枚)

2017年11月1日(水)から2018年1月8日(月・祝)まで、六本木・森アーツセンターギャラリーにて「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が開催される。

本展には、国内・海外で活躍する現代アーティスト15組の参加が既に決定。

2002年に開催された「THEドラえもん展」にも出展した蜷川実花、福田美蘭、村上隆、森村泰昌(今回はコイケジュンコと共同制作)のほか、会田誠、梅佳代、小谷元彦、鴻池朋子、佐藤雅晴、しりあがり寿、西尾康之、町田久美、Mr.、山口晃、渡邊希など、日本の現代美術を牽引するアーティストたちがドラえもんを通じて現代アートの“いま”を切り取る。

 

◆展示作品の制作過程を公開!

すでに参加が発表された15組のアーティストたちは現在、「あなたのドラえもんをつくってください」をテーマに鋭意作品を制作中。

今回はそのなかから、鴻池朋子、佐藤雅晴、西尾康之の作品制作現場の様子が公開された。

 

・鴻池朋子(美術家)

絵画、彫刻、アニメーション、絵本などさまざまな手法を駆使したインスタレーションで現代の神話を描き続けている鴻池朋子は、縫い合わせた牛皮に絵を描き、まるでラスコーの壁画のような皮の洞窟を出現させる。

作品では、しずかちゃんという登場人物の謎をモチーフに、ドラえもん漫画の創造の始まりを探る。雪山でドラえもんの歌を歌う、新作映像も上映される予定だ。

 

・佐藤雅晴(美術家)

自ら撮影した動画や写真をトレースしてアニメに置き換え、映像のなかに紛れ込ませる映像作品で知られる佐藤雅晴。

彼は、現代の東京で「未来」を探すドラえもんの映像作品を制作中。作品では、ドラえもんの着ぐるみが東京の各地を歩く様子を撮影し、ドラえもんだけをアニメーション化して実写の映像と重ね合わせる。

明るい未来を描き出してくれたドラえもんが、今の世界を見たらどんな風に思うだろうか…。その心情を想像してもらうことが狙いだ。

 

・西尾康之(現代美術家)

西尾康之は、身長180cm(台座含め高さ210cm)のドラえもんの彫刻を制作。前面はおなじみのドラえもん、背面にはドラえもんの中身が機械的に造形されている。

この巨大ドラえもんの前面・背面の両面に、3DCGのプロジェクションマッピングを投影し、本作品は完成する。

西尾にとってドラえもんは、幼少期からとても親しんでいたキャラクターで、マンガという紙媒体のなかにしか存在しない「確かなれども儚い」友人であったそう。そんなドラえもんの「稀薄性」を彫刻=実像、3DCG=虚像との共存によって表現する。

 

◆新たに11アーティストの参加決定!

そして、今回新たに、クワクボリョウタ、後藤映則、近藤智美、坂本友由、シシヤマザキ、篠原愛、中里勇太、中塚翠涛、山口英紀+伊藤航、山本 竜基、れなれなたち11組のアーティストの参加が発表された。

彼らは、「映画ドラえもん」を題材に“あなたのドラえもん”を制作。

1980年公開の『ドラえもん のび太の恐竜』以来、多くの人々に愛されている歴代の「映画ドラえもん」全37作品をモチーフに、絵画や彫刻のみならずデジタルインスタレーションや黒板アートなど、さまざまな表現手法を用いた作品が登場する。

さらに、本展には合計28組のアーティストが参加。残る2組のアーティストは7月に発表予定となっている。