成長過程がわかりやす〜い! 6年間まったく同じTシャツで学生証の写真を撮影し続けた男性

写真拡大

ツイッターユーザーのジャスティン・テイラー(Justin Taylor)さんは、ナイキバスケットボールでグローバルディレクターを務めるビジネスマン。2017年6月6日、ジャスティンさんが投稿した1枚の写真が大きな注目を集めました。

ジャスティンさんが公開したのは、13歳から18歳までの自分が映った写真の数々。よーく見ると、どの写真でもまったくおんなじTシャツを着ています。着ているものが変わらないと、顔だちや髪型の変遷が、よりわかりやすい〜!

【サーフブランドのTシャツを買ってもらったのが嬉しくて…】

海外サイト「Mashable」のインタビューによれば、ジャスティンさんは子供の頃、サーファーに憧れを抱いていたのだそう。

「サーフィンはめちゃくちゃカッコいいスポーツだと思っていたし、サーフィンをやっている子はみんなクールだった」と語るジャスティンさん。そんなとき両親が買ってくれたのがサーフアイテムをメインに扱うブランド「ビラボン」のTシャツでした。

【2年連続で偶然同じTシャツを着たことがきっかけ】

当時ジャスティンさんは13歳。学年が変わるごとに撮影する証明写真で、ビラボンのTシャツを着たのだそうです。そして1年後、14歳のときも同じTシャツで撮影に臨みました。

実は2年目のチョイスは偶然だったらしいのですが、この出来事がきっかけとなって、以後毎年、撮影時は同じTシャツを着ることにしたんですって。

【Tシャツはいまも大切に持っているみたい」】

あどけない表情と爽やかな短髪からスタートした写真は、年を経るごと、髪が伸びたり髭が生えたりと、どんどん変化。顔つきも大人っぽくなっていって、丸みを帯びたフェイスラインが、最後のほうには面長に変わっています。

子供から大人へ階段を昇るたび、いつも傍らにはビラボンのTシャツがあった……。ちなみにジャスティンさん、いまでもこのTシャツを持っていて、難なく着ることができるのだそうですよ。体型キープしてるのね、エライ!

参照元:Twitter @TheSmarmyBum、Mashable
執筆=田端あんじ(c)Pouch

関連ツイートはこちら