新海誠監督

写真拡大

一部スポーツ紙で不倫を報じられていた『君の名は。』の新海誠監督が、6月13日に自身のツイッターで報道内容を否定するとともに、謝罪の言葉を綴った。

上戸彩、斎藤工の言葉に涙。『昼顔』不倫役に「背負うものがたくさんありました」

新海監督はツイッターで「僕の交際関係を報じる記事が出たとのこと。記事中にある食事等は事実ですが、交際の事実は一切ありません。お騒がせしてしまい、たいへん失礼いたしました」と綴ると、「僕のプライベートなどに関心をもっていただけるなんてと驚いています。誤解を招いてしまう行動でした。僕の仕事は良い映画を作ることですので、今は新作制作に全力で向きあっているところです。重ねてお騒がせ、失礼いたしました」と続けた。

同監督は30代前半の美人編集者との不倫交際が報じられていた。