『22年目の告白―私が殺人犯です―』ポスタービジュアル (C) 2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

写真拡大

6月10日に封切られた『22年目の告白―私が殺人犯です―』が7週連続で1位をキープしてきた『美女と野獣』を抑え、週末2日間の興行成績でトップに立ったことがわかった。

[動画]『22年目の告白―私が殺人犯です―』予告編

藤原竜也と伊藤英明がW主演し、全国329館で封切られた本作は、週末2日間(6月10日、11日)で動員23万人超、興収3.2億円を記録する大ヒット。この数字は、最終興収15億円を突破した小栗旬主演作『ミュージアム』対比131%、最終興収14億円の藤原竜也主演作『僕だけがいない街』対比145%、最終興収18.2億円の『藁の楯 わらのたて』対比171%という内容で、興収20億円突破も見込めるスタートとなった。

観客層は10〜30代をメインに、40代・50代も多く劇場に足を運んでおり、男女比は半々、男女問わず幅広い層がこの作品を楽しんでいる。

本作は、22年前に5人の命を奪った連続殺人犯が、未解決のまま時効を迎えた後に、事件の真相を明かす告白本「私が殺人犯です」を出版し、「はじめまして、私が殺人犯です」と名乗り出版記者会見に登場するところからはじまるクライムサスペンス映画。殺人犯の曾根崎を藤原が、22年前からずっと事件を追っている刑事の牧村を伊藤が演じている。