昨年大会と同じく優勝予想11番手に挙げられた松山英樹(写真はプレーヤーズ選手権)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<全米オープン 事前情報◇13日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>
15日(木)より開幕する米メジャー第2戦「全米オープン」。米ツアー公式サイトにて、今大会の優勝予想ランキングが発表された。

日本人初のメジャー制覇が期待される松山英樹は優勝予想11番手にランクイン。3戦連続でトップ20入りを逃すなど調子が上がらない中で、昨年予選落ちの雪辱を果たせるか。
世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)をおさえ優勝最有力に挙げられたのは、松山と予選を同組で回るリッキー・ファウラー(米国)。次いで、2番手にダスティン、3番手にジェイソン・デイ(オーストラリア)、ジョン・ラーム(スペイン)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)と続く。
日本のファンはもちろん、全米ゴルフ協会も「あらゆる指標が示しているとおり、日本人最初のメジャー勝者になるのは松山英樹だ」と期待の目を向けている。ビッグタイトルで米ツアー5勝目を飾れるか、難関・エリンヒルズで松山の挑戦が始まる。
【優勝予想ランキング】※()内は世界ランク
1位:リッキー・ファウラー(9)
2位:ダスティン・ジョンソン(1)
3位:ジェイソン・デイ(3)
4位:ジョン・ラーム(10)
5位:ローリー・マキロイ(2)
6位:アダム・スコット(12)
7位:ジョーダン・スピース(5)
8位:チャール・シュワーツェル(16)
9位:ジャスティン・ローズ(11)
10位:ジェイソン・ダフナー(27)
11位:松山英樹(4)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【テンパリ編集K】谷原秀人プロに勇気づけられたコース初日― はじめての全米OP第1回
予選Rで松山と同組のラームもコースを警戒「ラフから30ヤードが限界」
海外で輝きを増す谷原秀人が今、日本の若手について思うこと
米国転戦で奮闘中の池田勇太「今年は全英OPが2回か!?」