初のファイナルMVPに選出されたウォリアーズのケビン・デュラント【写真:Getty Images】

写真拡大

NBAファイナル第5戦…キャバリアーズを129-120で撃破、通算4勝1敗で2季ぶりV

 NBAファイナルは12日(日本時間13日)、第5戦が行われ、西カンファレンス覇者のウォリアーズが、連覇を狙った東のキャバリアーズに129-120で下し、通算成績4勝1敗として2季ぶりの頂点に立った。シリーズ5試合で平均35.2点、8.4リバウンド、5.4アシストをマークしたケビン・デュラントが初のファイナルMVPに選出された。NBA公式ツイッターは第5戦のデュラントの名プレーを特集し、歓喜の瞬間の様子を動画付きで速報している。

 勝利へカウントダウンが始まると、もう喜びが抑えきれなかった。デュラントは2季ぶりのNBA制覇が決まると、チームメートと抱擁。歓喜に酔いしれていた。

 さらなる喜びが待っていたのは試合後。キャリア初のファイナルMVPに選出された。シリーズ全5試合で毎回30得点以上を挙げ、平均35.2点、8.4リバウンド、5.4アシストを叩き出した。第3戦までポストシーズン無敗の15連勝の原動力となった。

 第4戦こそ落としたが、この日もチーム最多の39得点に加え、7リバウンド、5アシストをマーク。2季ぶりの頂点に導いたのは、頼れる男だった。