画像提供:マイナビニュース

写真拡大

国際自動車株式会社は、世界で初めてスマホを振るだけで空車のタクシーが集まってくるアプリ「フルクル」の提供を2017年11月に開始する。同社は本サービスで、乗りたいときに空車タクシーが来ない、歩きながら振り返ってタクシーを探すといった利用者の不便さを解消し、マッチング率の向上を目指す。

利用者がスマホを振ると、タクシーに利用者の位置が知らされる。また、スマホの地図上で周辺のタクシーの動きを見ることができ、タクシーが近づくと、バイブレーションで知らせてくれる。手をあげるか、明滅するスマホの画面(夜間)をタクシーを向けることで、乗車できるという。

従来の配車アプリは、乗車場所を指定し迎車料金を支払うことで確実に配車されるものだったが、フルクルアプリは利用者が乗車意思を示すだけで、空車のタクシーが向かってきてくれ、迎車料金を支払わずに乗車できる。ただし、空車のタクシーは、向かっている途中で別の利用者から路上で申し込みを受けた際に断ることができないため、乗車できることを確約するものではないそうだ。