「サム、マイウェイ」パク・ソジュン、キム・ジウォン&チェ・ウシクのデートを邪魔する

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「サム、マイウェイ」のパク・ソジュンがキム・ジウォンとチェ・ウシクのデートを邪魔した。

12日午後、韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「サム、マイウェイ」第7話では、コ・ドンマン(パク・ソジュン) が嫉妬のためチェ・エラ(キム・ジウォン) とパク・ムビン(チェ・ウシク) のデート現場を邪魔した。

この日、ドンマンはエラに電話をかけて、嫉妬心を表した。ちょうどエラはムビンとドライブインシアターでデートを楽しんでいた。デート中にドンマンはエラに「秋夕(チュソク:日本のお盆にあたる韓国の祭日) のときに貸した塩はどこにあるか」と電話した。

通話の途中、ちょうど映画ではキスシーンが流れ、口づけをする音にドンマンはソウル市内のドライブインシアターを検索した。ムビンはドンマンを避けてエラと一緒に逃げた。

この時、家の前にはドンマンに会いに来たパク・ヘラン(イエリヤ) がいて、その前でムビンはエラに靴をプレゼントした。ムビンは「もっとシンデレラのようにしてあげたい」とひざまづいて自身の心を表現した。

ドンマンとムビンはいがみ合い、ドンマンは「糟糠の友だ。お父さんの代理人だ」と宣言した。