58歳患者、手遅れと知り医師3名の殺害を計画(画像は『ABC30 News 2017年6月6日付「Visalia man plotted to murder three Bay Area doctors, authorities say」(Palo Alto Police Department)』のスクリーンショット)

写真拡大

米カリフォルニア州のサンフランシスコ・ベイエリアでこのほど、ある病院の患者が複数の医師を殺害しようとして逮捕された。患者は50代の男でステージ4のガンを告知されており、激しい苛立ちをみせていたもよう。『ABC30 News』ほかが伝えている。

医師殺害を計画して逮捕されたのは、トゥーレアリ郡バイセイリアのユエ・チェンという58歳の男。ターゲットにされたのはサンフランシスコ・ベイエリアの病院に勤務する3名の医師で、最近ステージ4のガンですでに手遅れであることを告知されたばかりであった。医師の不適切な診察や怠慢、誤診があったなどと疑いや恨みを抱くようになり、医師の殺害を計画したとみられている。

殺害が未遂におわったのは先月31日午後7時48分頃、そうした情報を入手したバイセイリア警察がパロアルト警察に「医師3名を殺害しようとしている男が、登録済の拳銃2丁とともに借り物の赤いニッサン車でそちらに向かっている可能性がある」と即座に連絡したためであった。医師の家族の安全を確保するためベイエリア広域の警察にも同様の連絡を行い、州警察も全域で該当の車を追跡する体制を整えた。

ほどなくしてカリフォルニア・ハイウェイ・パトロール(CHP)の隊員がサンノゼの国道101号線で該当の車を発見し、停止させた。車からは大量の弾倉とともにセミオートマチック銃2丁が見つかり、チェン容疑者はいったん病院に収容されたものの医師殺害未遂ほかの容疑で起訴が決まり、退院とともに身柄をサンタクララ郡の拘置所に送られた。パロアルト警察は今、この事件に関する情報提供の協力を市民に呼び掛けている。

昨年には中国・陝西省の大きな病院で若い男が看護師に激しい暴力をふるい、ガソリンをかけて焼き殺そうとしたため逮捕された。その病院で母親が病死し、医療過誤があったとして損害賠償を求めたものの却下され、病院全体に対し逆恨みを覚えたという。

画像は『ABC30 News 2017年6月6日付「Visalia man plotted to murder three Bay Area doctors, authorities say」(Palo Alto Police Department)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)