画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アサヒ飲料は6月12日、「パパの体型」に関する調査結果を発表した。調査は5月29日〜31日、40〜50代の父親と同居している10代〜20代の女性300名(父親の年代で均等割付)を対象に、インターネットで行われた。

「父の日にどのようなことを行うか」を聞いたところ、「プレゼントを贈る」(55%)と回答した人が圧倒的に多く、次いで「SNS などでメッセージを送る」(11%)、「料理を手作りする」(10%)という結果に。67%が「父の日」に何かしらの贈り物をする予定であることがわかった。

しかしながら、「直近1年以内に父親と2人だけで外出した経験がある」という人は50%と半数。理由として、「学生の自分が土日休みでも父親は仕事のため都合が合わない」(18歳・父親40代)、「お互いの予定が合わない。疲れているだろうから誘いにくい」(20歳・父親40代)といった声が挙がった。

さらに、「もっと父親と一緒に外出したいと思いますか?」を聞くと、44%が「はい」と回答。父親との外出を望む声も少なからず見られる結果となった。

次に、「父親の体型」について感想を聞くと、67%が「最近体に脂肪がついてきた」と感じていることがわかった。また、73%が「自分の結婚相手が将来父親と同じ体型になったら嫌だ」と回答した。

父親の体型の崩れを見て、その健康状態を心配する人も少なくないようで、67%が「父親の体型が崩れていると、健康管理ができているか心配だ」と回答。父親の体型と健康管理について「仕事があると運動する事が難しくなるので、食事で健康管理ができるといいと思います」(20歳・父親40代)、「私が体にいいご飯を用意するから、食べて健康でいてね!」(21歳・父親40代)など、食生活のサポートで父親の健康維持を応援したいという声が寄せられた。