日本代表は13日にイラクと対戦する【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選の第8節でイラク代表と対戦する。この試合は日本のW杯出場を大きく左右する重要な一戦となる。

 現時点でグループBは日本、サウジアラビア、オーストラリアが勝ち点16で並んでおり、日本は得失点差で首位に立っている。サウジアラビアとオーストラリアはすでに第8節を消化しているため、日本はイラク戦の結果次第でライバルを上回ることができる。

 日本はイラク戦で引き分け以上の結果を残した場合、8月31日にホームで戦うオーストラリア戦に勝利すれば6大会連続のW杯出場が決まる。また、日本はイラク戦に勝利すればアジアプレーオフに進出する3位以上も確定する。

 イラク戦で引き分け、オーストラリア戦で勝利なら日本の勝ち点は「20」、2連勝すれば「22」まで伸び、オーストラリアは「16」止まり。その場合、最終節でオーストラリアが日本を上回る可能性は消滅し、日本の2位以上が確定する。

 なお、日本はイラクに勝利してオーストラリアに引き分けた場合でも、第9節でサウジアラビアがUAEに敗れれば2位以上が決まる。

 仮に日本がイラクに敗れれば試合数と勝ち点で3チームが並ぶこととなり、W杯出場の行方はサウジアラビアとアウェイで対戦する最終節まで持ち越されることとなる。

【グループB 順位表】
1位.日本(16)
2位.サウジアラビア(16) ※
3位.オーストラリア(16) ※
4位.UAE(9)
5位.イラク(4)
6位.タイ(1)

・()内は7試合を終えての勝ち点。※オーストラリアとサウジアラビアのみ8試合消化。
・上位2チームがワールドカップ出場権を獲得。3位チームはアジアプレーオフにまわる。

text by 編集部