セビージャ会長、噂されるノリート獲得よりもナバスの復帰を望む

写真拡大

▽セビージャのホセ・カストロ会長が、今夏の移籍市場での動きについてコメントした。『フットボール・エスパーニャ』が報じている。

▽セビージャは先日、スポーツディレクターを務めるオスカル・アリエス氏とマンチェスター・シティからの退団を公言しているスペイン代表FWノリート(30)がスペイン国内で会談している場面を目撃されている。

▽カストロ会長は、ノリートとの会談について「それは偶然の遭遇だった。彼との契約については何も言えることはない。今は新指揮官が到着するまで言えることはないよ」とコメント。移籍に関する発言は濁した。

▽しかし、チームの生え抜きであるマンチェスター・シティのスペイン代表MFヘスス・ナバス(31)の復帰については次のように語った。

「チームが何を求めているかわかっているし、我々はナバスを連れ戻したいと思っている。彼は今でも一流の選手だ」