全仏史上最多となる10度目の優勝を果たしたナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

ナダルを一流たらしめるものとは…フェデラー、アガシ氏ら現役&OBの証言で辿る足跡

 テニスの全仏オープンで史上最多となる10度目の優勝を果たしたラファエル・ナダル(スペイン)。決勝では、スタン・ワウリンカ(スイス)を6-2、6-3、6-1でストレートで圧倒し、「ラ・デシマ」(スペイン語で10度目)と呼ばれる偉業を達成した。前人未踏の域に到達した「赤土の帝王」の足跡を大会公式サイトが特集。フェデラー、アガシ氏、サンプラス氏ら、伝説のライバルと名選手15人の証言で振り返っている。

■「全仏オープンの決勝でラファと対決するということは、テニス界で直面する最大の挑戦かもしれない。彼はクレーでは史上最高の選手なんだ」――スタン・ワウリンカ(スイス=グランドスラム3勝)

 まず登場したのは、今大会の決勝で対戦した15年全仏覇者・ワウリンカだ。完敗を喫したスイスの英雄の言葉通り、ナダルは決勝進出10度ですべて優勝、V確率100%と無類の強さを誇る。ナダルとのローラン・ギャロスの頂上決戦は、テニス界最大の難業ということだろう。

■「テニス界はこんな男をずっと待ち望んでいたんだ。ナダルはすべてのポイントに対して命をかけている。私は彼がこのスポーツにもたらしてくれる大きな興奮というものに感服しているんだ」――ジミー・コナーズ(米国=グランドスラム8勝)

 現役時代、ハッスルプレーで人気を博したコナーズ氏はエネルギッシュなプレースタイルを絶賛。「彼は最も情熱的な選手だ。テニスでは彼のような選手が世界NO1でいてほしい。ロジャー・フェデラーとノバク・ジョコビッチには明確な才能があるが、ラファにもそれはある。そして、彼はその才能とともに多くの感情をテニスに持ち込むんだ」とも語っている。

■「色々な人が彼のプレーや現状について、疑問の声を上げているのは知っている。しかし、彼は復活への気持ちが折れた時、ベストを取り戻すために何をすべきか理解している人間だ。僕はそんなに大きな問題とは思わない。彼はまだ29歳だ。まだまだ先もある。彼は間違いなく復活してくると確信している」――ノバク・ジョコビッチ(セルビア=グランドスラム12勝)

 現役で長く世界の第一線を走るジョコビッチは15年に不振だったナダルを倒した当時、こう語っていた。その予言通り、31歳となった帝王は今、力強い復活を果たしている。

■「ナダルはこのスポーツでこれまで誰も試さなかった流儀を示した。私はナダルをNO1と考える、フェデラーはNO2だ。彼の功績は、ただただ僕にとっては感銘的だ。フェデラーの全盛期に彼が成し遂げた功績が、ね」――アンドレ・アガシ氏(米国=グランドスラム8勝)

 米国のレジェンド、アガシ氏は史上最高と称されるスイスのマエストロよりも「ナダルが上」と評価している。さらに「彼はテニス界における黄金期にに、フェデラー、ジョコビッチ、マレーと競ってきた。彼は偉業を成し遂げたが、まだ終わりじゃない」と話し、「全仏を1度でも優勝することは超人的なパフォーマンスと言える。彼は10度優勝しようとしていた。なんとも感銘的だ。彼を軽視してきた人々の声やもの凄い逆境にも耐えた。彼の体格でこのレベルまでプレーを戻せるとは信じられなかった。私が間違っていたことを証明したよ」と不振を乗り越えたナダルを称賛した。

神童時代に対戦したキャッシュ「私は彼に負けた。彼は14歳で私は35歳だった」

■「1985年のボリス・ベッカー以来、ここまで圧倒的な選手を私は記憶していない」――ジョン・マッケンロー氏(米国=グランドスラム7勝)

 悪童として現役時代に有名だったマッケンロー氏はグランドスラム6勝のベッカーを引き合いに出し、ナダルの衝撃的な強さを分析した。

■「私は彼にエキシビジョンマッチで負けた。彼は14歳で私は35歳だった。でも、私は未来のローラン・ギャロスの王者に負けたと思うと、気分を取り戻せたよ」――パット・キャッシュ氏(オーストラリア=1987年ウィンブルドン優勝)

 神童時代に対戦したキャッシュ氏は21歳下の少年に苦杯を舐めた経験を粋な表現で回想している。

■「ナダルの強さの一つは、彼がすごく謙虚だということだ。あんな偉業を達成をしているのに、驚きだよ。彼は自分の偉業をひけらかしたりしない。彼は常に全てを勝ち取らなければいけない義務があると、プレーで感じさせてくれる。1試合1試合、1ポイント1ポイントというようにね。それが彼の天才性の一つだ。あぐらをかいたりしてはいけないと自分に言い聞かせている」――ジム・クーリエ氏(米国=1991、92年全仏連覇)

 ナダル同様、ローラン・ギャロスで強さを誇ったクーリエ氏は人間性の素晴らしさを紹介。さらに「彼は赤土の5セットマッチで負けたことは1度しかない。どれだけフィジカル面を突き詰めているかがわかる。3セットでナダルに勝つことだけでも大きなチャレンジなのに、5セットマッチで勝とうとすることは男子テニス史上最大の挑戦と言えるよ」とクレーの帝王に感服している。

■「彼のムーブメントは信じられないほどすごい。彼は走りながら自分のショットを修正できる。あんなのは見たことないよ」――ピート・サンプラス氏(米国=グランドスラム14勝)

 今回で四大大会勝利数を抜かれたサンプラス氏は走りながらでもショットを修正できるというプレーヤーとしての非凡さを表現した。

永遠の好敵手フェデラー「彼が僕をより良い選手にしてくれたと考えている」

■「ラファは15回優勝できる可能性があるね。2年前、彼がグランドスラムでもう一度優勝できるなんて誰も思わなかった。特にローラン・ギャロスでの復活は難しいと僕は思った。私が間違っていたと彼は証明してくれた」――グスタボ・クエルテン氏(ブラジル=全仏3勝)

 赤土で四大大会のタイトルを獲得したクエルテン氏は「彼にはみんな感謝しないといけない。なぜなら、彼は模範的な存在だからだ。素晴らしいテニス選手というだけではなく、素晴らしい人間なんだ。彼は鍛錬に全てを捧げている」と述べた上で、さらに全仏のトロフィーを獲得すると証言。

「少なくとも3、4回の優勝は予想できる。再び世界1位に輝くチャンスもある。もちろんだよ。全て成し遂げてきた彼だが、不可能への挑戦を愛するというのが、ラファの今のメンタリティだ。彼の中では不可能は存在しない。そういった光景を目撃できることは、我々にとっては素晴らしいなことなんだ。こんな選手ももう二度と見ることはないと思う」と打ち明けた。

■「彼が僕をより良い選手にしてくれたと考えている。僕にとっての究極の挑戦は彼とのプレーなんだ」――ロジャー・フェデラー(スイス=グランドスラム18勝)

 いよいよ、宿命の好敵手フェデラーも登場した。「いつだって全仏オープンで優勝できると思っている。僕の問題はもちろん、ラファだ。この男はクレーで信じられないほど素晴らしい。信じない人もいるだろうけれど、それは真実なんだ。ラファはクレーで何度も僕の夢を打ちのめしてくれたんだ。誰も決められないようなショットを決めた。それができるのは、ユニークでスペシャルな選手だということ」と称賛。

「それに加え、彼には闘志がある。何年も何時間も何週間もフィジカル面とメンタル面でスーパーハイレベルを維持できる能力がある。彼は故障から何度も何度も復活してきた。簡単に見えるけど、そうではない。彼はテニス界にとってとてつもない存在だ。たくさんの部分で彼には多くの敬意を払っている」。グランドスラム18勝のフェデラーも全仏は2009年の1勝。テニス界を牽引するレジェンドも賛辞を惜しまなかった。

■「ラファを止めるにはネットの向こう側に2人いなければいけない」――ゴラン・イワニセビッチ(クロアチア=2001年ウィンブルドン優勝)

 こんな明言を残したのは、イワニセビッチ氏だ。1対1の勝負では「赤土の帝王」に勝てない――。対抗するにはダブルスしかないとジョークを飛ばしている。

スミス氏「クレーでナダルとプレーすることは神経の治療で歯医者に行くようなもの」

■「今まで対戦した最も偉大な選手? ラファエル・ナダルだ。間違いない。彼は見るのも大好きな選手の1人だけど、凄まじい競争力を持っている」――レイトン・ヒューイット氏(オーストラリア=グランドスラム2勝)

 昨年限りで引退したヒューイット氏は20年間に及んだ現役生活で最も偉大な選手に「ナダル」の名前を挙げた。

■「全仏でナダルとプレーすることは壮絶な消耗を要する。彼は(ミスで)全くポイントを与えてくれない。自分自身でウィナーを決めなければいけない。それを5セット続けないといけないのだから。彼の最も好きな部分は常にすごく謙虚であること。それは素晴らしい姿だ」――ビョルン・ボルグ氏(スウェーデン=グランドスラム11勝)

 全仏6勝を挙げ、赤土で王者に君臨したボルグ氏は隙のないナダルのプレースタイルを評価するとともに人間性も称賛している。

■「クレーでナダルとプレーすることは神経の治療で歯医者に行くようなものなんだ」――スタン・スミス氏(米国=グランドスラム2勝)

 スミス氏は赤土でナダルと対峙することが、テニス選手にとって、いかに気が重いかを冗談を交えて表現した。

■「クレーコートで優勝し、芝でも優勝することはアメージングな功績だ。しかし、ラファは体調万全ならハードコートでも史上最高の1人だ。そのことは彼が真のオールラウンダーであることを証明している」――ボリス・ベッカー氏(ドイツ=グランドスラム6勝)

 ベッカー氏は強さがクレーコートにとどまることはないと主張。ナダルのプレースタイルについて「生まれつきのカウンターパンチャーだ。信じられないほどのフットワークのスポードと疲れ知らずのグランドストロークを兼ね備えている。ナダルとプレーするときは、一瞬でも集中を欠いてはいけない。誰も絶対に過小評価してはいけない。彼に血の匂いを嗅がせてしまえば、彼の中の野獣が目覚めるんだ」と語った。

 特集では、最後にアガシとフェデラーのユーモア溢れるやりとりで締めくくっている。「もしも、マジョルカ島出身の怪物がいなければ…」とアガシが話しかけると、フェデラーは「全仏で5回は優勝できたでしょう」と返答したという。

 一流の実績、一流の人格、一流のプレー……。さまざまな理由によってファンのみならず、過去のグランドスラム王者、テニス界のレジェンドに愛されるナダル。31歳にして故障やスランプを乗り越えた赤土の帝王は、どこまでタイトルを積み重ねるのだろうか。