ジェニファー・エスポジート

写真拡大

大人気ドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』のシーズン14第1話に初登場して、新しくレギュラーとなっていたアレクサンドラ・"アレックス"・クイン特別捜査官役のジェニファー・エスポジートが、本国アメリカで5月に放送が終了したシーズン14をもって降板したことが発表された。

アレックスは、捜査官を育成する訓練センターで指導官を務めていた時に、リロイ・ジェスロ・ギブス(マーク・ハーモン)にスカウトされてNCISチームに加入したベテラン捜査官だったが、1シーズンだけのメンバーとなってしまった。

米Deadlineによると、米国にて今秋開始予定の『NCIS』シーズン15にて、なぜアレックスがチームに不在なのかの理由が説明され、ドラマ自体は新たなるクリエイティブな方向性を計画しているとのことだ。

なお、ジェニファーは「『NCIS』に出演したことは素晴らしい経験だった。私にとって『NCIS』のキャストや製作者たちと一緒に働くことは、これ以上ない良い機会となったわ」と述べている。

ジェニファーは以前、ニューヨーク市警の活躍を描いたドラマ『ブルーブラッド』で刑事役を務め、現在は男女の恋愛を描くドラマ『アフェア 〜情事の行方〜』でドミニク・ウェスト演じるノア・ソロウェイの姉妹役で出演している。今後は、製作中の映画『Speed Kills(原題)』で、実在のスピードボート・レーサーを演じるジョン・トラヴォルタの妻役に決定しているとのことだ。(海外ドラマNAVI)