JYJ ジェジュン側「ドラマ『マンホール』への出演を前向きに検討している」

写真拡大

JYJのジェジュンが「マンホール」への出演を検討している。

ジェジュンが所属するC-JeSエンターテインメントの関係者は13日、OSENに「ジェジュンがKBS 2TV新水木ドラマ『マンホール』への出演を前向きに検討している」と明らかにした。

「マンホール」は1週間後に予定されている結婚式を防ぐためランダムタイムスリップを通じて過去と現在を行き来する過程を面白く描くドラマで、ジェジュンは男性主人公のポン・ピル役を提案された。もし出演が決まれば「スパイ」以来2年ぶりのドラマ復帰になる。

「ぶどう畑のあの男」「百万本のバラ」を演出したパク・マニョンプロデューサーと「特殊事件専門担当班TEN」を書いたイ・ジェゴン脚本家が意気投合した。「七日の王妃」の後番組として韓国で8月から放送される予定だ。