6月14日、新宿西口にNYスタイルのオイスターバー、その名も「SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR(新宿西口オイスターバー)」がオープン。オシャレでリーズナブル、と聞いて、早速内覧・試食会に行ってきました。

日替わり15種類の生牡蠣が味わえるオシャレレストラン

「SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR(新宿西口オイスターバー)」があるのは、新宿西口。JRと東京メトロ丸の内線、都営大江戸線 小田急小田原線の新宿駅直結のビルの8階で、出る改札口さえ間違わなければ各駅から徒歩1分。雨の日でも濡れずにたどり着け、梅雨時期の女子会レストランとしてもおすすめです。

入口ではフレッシュな魚介がお出迎え。

ウッドテーブルが並んだ今ドキなカジュアルオシャレな店内。

提供される生牡蠣は、日本各地から取りそろえた旬の真牡蠣や岩牡蠣のほか、アメリカの「クマモト」「シゴク」、ニュージーランドの「カイパラオイスター」など、世界各国から厳選。常時15種類以上が食べられます。

産地ごとに異なる味わいを食べ比べできるのが、『SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR』イチオシのメニュー「OYSTER PLATTER(オイスタープラッター)」(24ピース/9800円、16ピース/7400円 8ピース/3800円)。

ふたりなら4個ずつくらい?と、まずは8ピースをオーダー。

ニュージーランド産のはミルキィ、アメリカ産のはあっさりめ。

丁寧な仕事を施されたプリップリのフレッシュな生牡蠣は、一瞬のうちに舌を滑ってのどを通って胃の中に。「おいし〜」「幸せ〜」と嬉しい溜息が漏れてしまいます。

2種類の生牡蠣が4つずつ出てきました。今回はお任せでお願いしましたが、店内にある看板の「本日の生牡蠣」から好きな生牡蠣を選ぶこともできます。

濃厚味が好きなSuits WOMANチームは、お任せでいただいたニュージ―ランド産の生牡蠣を8ピース追加。そのほか、佐賀県 いろは島で捕れるいろは牡蠣や、兵庫県 たつの産の津田宇牡蠣など、次々に。ワンコそばならぬ、ワンコ牡蠣状態で食べ続けます。

あっさりめだけど、程よい甘みが後を引く「いろは牡蠣」。

味わいが違う牡蠣をイロイロ、ちょっとずつ食べられるのが嬉しい。

生以外もあるんです!焼きも、肉もあるんです!!

オイスターバーの本場、N.Y.スタイルのオイスターバーがコンセプトだけあって、焼き牡蠣メニューは、ロックフェラー(バターにんにく、パルメザン、ホウレンソウをトッピングしたN.Y.オイスターバーの定番メニュー。 1ピース290円)など、見た目にもおいしいラインアップ。

カラフルな焼き牡蠣はインスタ映えも抜群よ☆

バターにんにくソースに絡め、パン粉をまぶして焼き上げたブルギニヨン(1ピース290円)は、サクサクもちもち。6種類ある焼き牡蠣の中で、唯一、1ピース350円と最高値のエルエミニョンヌはちっちゃなグラタンのような逸品。ホワイトソースと牡蠣のマリアージュ、ハズレ無しのおいしさです。

メイン料理と一緒にオーダーするのが定番という、ホワイトクリームベースのオイスターチャウダー(850円)のほか、クラムチャウダーは全3種類。牡蠣のおいしさが凝縮された、癒される味です。

こちらは、オイスターチャウダー。クラムチャウダーは、ホワイトソースとトマトクリームの2種類があります。

そして、ロブスターがゴロゴロと入った「ロブスターのビクス」(1450円)が、これまた絶品!

クラッカーもついていますが、パンが無料で食べ放題なので、それだけで軽いランチにもなります。

しっかりとした味わいながらクセがなく、ビクス好きだけでなく、濃すぎて苦手……という人にもぜひトライしてほしい!これだけを食べに、ここに来てもいいくらい!

シーフード祭りじゃあああ!

肉食女子も大満足必須の肉系も充実。シェフの絶妙な焼き加減が自慢のアメリカンビーフ各部位の「ステーキ」はラップミート180g 1450円〜。

プリップリの海老を10本使ったニューオリンズの郷土料理「New Orleansシュリンプ」(1500円)や、贅沢なロブスターやダンジネスクラブなど蒸したり炙り焼きにして素材の味をシンプルに味わう「本日のSHELL FISH」(時価)をみんなでシェアして豪快に食べるのも楽しいですよ!

オーダーを受けてから作り上げるパエリア(1人前1700円〜)や色鮮やかなフレッシュサラダ、インサラータ・ミスタ(1000円)もぜひ!このコたちもフォトジェニックよ☆

できあがりまで45分〜1時間かかるので、食べたいときは、最初にオーダーしてね。

ちりばめられたエディブルフラワーも「かわいい」にひと役。

オープン初日は、これらのフードメニュー全品が半額。この日だけは予約不可なので、行列ができちゃうかも……ですが、このチャンスにぜひ!

店舗情報:
SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR(新宿西口オイスターバー)
住所:新宿区西新宿1-1-1 新宿パレットビル8F
電話番号:03-6279-0184
営業時間 12時〜23時 無休
※JR東京メトロ丸の内線 都営大江戸線 小田急小田原線 新宿駅直結 新宿西口 小田急百貨店隣の4FまでUNIQLOが入っているビルの8F

生牡蠣につくソースはポン酢とバジルソースとカクテルソースの3種類。テーブルに置かれている塩をちょちょっとまぶすだけでも「っうま〜!」。口福。