不動のCF大迫、イラク攻略へ攻撃の幅を広げる必要性説く 「サイドで起点を作る形も…」

写真拡大

イラクの屈強なDF陣にも怯まず 「ドイツの方が確実に大きいので気にならない」

 日本代表FW大迫勇也は、13日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦に向けて、ドイツ・ブンデスリーガで3年半にわたってプレーしてきた経験から、不安はないと語っている。

 バヒド・ハリルホジッチ監督はイラクについてフィジカル面の強さを指摘しているが、大迫にとっては意に介さないレベルのようだ。1860ミュンヘンで半年間、ケルンで3年間にわたって屈強なドイツ人選手に加えて、各国から代表クラスが集まるなかでプレーしてきた大迫は、長身のセンターバックがいるとの情報が入るイラク戦に向けて、自信を持って言い切っている。

「たぶん、そんなに大きくないんじゃないですか。まあそういうところは結構あるので、ドイツの方が確実に大きいので、気にならないです」

 大迫はハリルジャパンの3トップシステムではセンターフォワードに入り、安定したポストプレーを披露している。7日の国際親善試合シリア戦で生まれたMF今野泰幸のゴールも、左サイドでFW原口元気がボールを持ったところで、大迫がタイミング良くボールを受けたところから左サイドを崩して生まれた。その一方で、起点になるプレーだけでなく大迫自身がゴールを奪うためには、逆の関係も必要だと考えている。

「なかなか、今は僕が起点を作って両サイドがゴール前に入ってきて点を取るっていう形になってるから、そこをもっと違う形も作っていきたいし、サイドで起点を作って僕がゴール前に入る形ももっともっとしていかないといけないのかなとは考えています。監督とも、それは話しています」

「他を気にしてダメだったのでは…」

 日本の入るB組は、すでに8戦目を終えたオーストラリアとサウジアラビアの2チームが勝ち点16で、7試合消化の日本と並んでいる。それだけに、このイラク戦は大一番であり、プレッシャーを伴うものになる。しかし大迫は、そうした周囲の状況に影響されるようではチームとしての強さが足りないと断言する。

「目の前の試合が1試合1試合あるし、ここで他を気にしてダメだったみたいなのじゃ、そんなのW杯行ってもどうせダメだから。結局はもう1試合1試合勝って、勝ち点3を積み重ねることしか、僕らには先はないんじゃないですか」

 中立地イランでの開催とはいえ、実質的にはアウェー戦となるこのイラク戦。日本の最前線に構える大迫は、泰然自若といった様相でゲームに向かおうとしている。今やハリルジャパンのセンターフォワードとして不動の地位を獲得しつつある大迫が、W杯への道を切り開いてくれるはずだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images