英語スピーチ"丸暗記"が失敗しやすい理由

写真拡大

厄介な英語でのスピーチ。内容を暗記できればいいが、本番では緊張して大失敗に終わるケースも多い。米マサチューセッツ大学MBA講師の齋藤浩史氏は、「大中小の法則を使え」という。日本人に最適化された英語スピーチの極意とは――。

■英語スピーチで必ずぶち当たる壁

グローバルな世界に少しだけ慣れてきたビジネスパーソンにとって、最初にぶつかる難題は英語でのスピーチではないでしょうか。ただ、スピーチというとプレゼンのような大勢を前にしたセッションを想像してしまいがちですが、ここでは仕事や会議における発言のことだと思ってください。

ただ、それが仕事の一般的なスピーチであったとしても「日本語でも苦手なのに、外国語でスピーチをするなんて……」とハードルの高さを感じてしまうかもしれません。そこで、多くの人は応急的な英語スピーチを学ぶため英会話スクールに通いはじめるわけですが、そのスピーチが実際に仕事で求められているものは違うことに気づくのです。

英会話スクールで教わるビジネス英語と実際のスピーチでは何が違うのでしょうか。

実際にいくつかの英会話スクールで働いた経験からすると、スクールにとって生徒はお金の出し手で、「お客様」ですから、生徒の英語力の乏しさを厳しくツッコむことはありません。むしろスクール側は生徒を理解しようと努力することになります。生徒は会話を自由に楽しんでいると思っていても、相手は多少の我慢をしてくれているものです。

一方、ビジネスの場になれば、立場は反対になります。営業現場であれば、お金の出し手は取引先です。このためムダな話は極力抑え、要点を明確に伝えることが求められます。これは組織内部のコミュニケーションにも当てはまることでしょう。つねに張り詰めた状態というわけではないと思いますが、端的にわかりやすく話すことは暗黙のルールとなっているはずです。

このように、スピーチは立場や利害関係によって異なってくるのです。

たとえスクールで学んだ英語とビジネスの現場で使う英語が違ったとしても、慣れてくればスピーチも上達すると思われるかもしれません。ところが、「やはりうまくいかない」という声をよく聞きます。立場が逆転するとプレッシャーを感じるのかもしれません。ミスの許されない相手を前にしたときほど、スピーチの途中で話す内容が飛んでしまい、ドツボにはまってしまうのです。これは英語でスピーチするのに慣れている筆者でも経験があることです。

緊張を避けるために、多くの人はスピーチの内容を暗記しようとします。確かに暗記はウソをつきません。しかし、間違いに対して過度に敏感になってしまうと、文章を思い出すことばかりに気を取られてしまいます。このため、いったん間違えるとスピーチ全体が壊れてしまう、というリスクに注意しなければいけません。

「文章を一段落、まるまる抜かしてしまった」とか「文法を間違えた」などと聞くと、日本人の英語に対する内向きさがわかります。こうした「失敗談」がでてくるのは、日本人同士の「内向きの英語」になっていて、スピーチする相手(外側)と向き合っていないからです。このような意識では、英語力の成長は頭打ちになってしまいます。英語は言語であるため“相手に伝える”という外に発信する目的でなければ意味がないのです。

では、日本人が「外向きの英語」を実践するには、どうすればいいのでしょうか。

まずは緊張をとくために、“ある程度”の自由度を許容し、相手と向き合う余裕をつくることです。

■英語でも伝わる「大中小の法則」とは

私が教えるビジネス英語研修では、話す内容を抽象度の大中小に従って3つの枠に分けることを教えています。文章を抽象度の高いモノから低いモノへと流れる構成にすると、該当する抽象度の枠内であれば自由に話すことができるので緊張しづらいのです。また、流れが決まっているので最後までスピーチが脱線することもありません。私はこれを「大中小の法則」と名付けて教えています。この大中小の法則は、文章全般に適用できる魔法のようなものなのです。

今回は、大中小の法則を使った具体例をひとつ挙げてみましょう。例えば、以下のような図を説明するとしたらどうするでしょうか。

ほとんどの方が、目に見えるモノをひとつずつ説明しようとするのではないでしょうか。しかし、それでは及第点しかとれません。相手にわかるように伝えるというのは、三次元の世界であり、奥行きのある説明が求められます。そのためにも、まずは全体像を説明し、そこから抽象度を下げて細かく説明していくことが大事です。

刑事ドラマで主役の刑事が現場検証する時、テープレコーダーに現場の様子を録音しているシーンを見たことがあると思います。注意してみると、その時、「事件の概要」、「現場の(その捜査官の)主観的印象」、「細かい点」という順で声を吹き込んでいることがわかるはずです。こうすることで、相手にとって二次元だったモノの存在が、三次元へと変わりその時の情景や形が浮かび上がってくるのです。

では、これをベースに大中小の枠に落とし込んでみましょう。

このように文章を構成すると、抽象度が高いところから低いところへと流れていくため聞き手の頭に入りやすくなるのです。あとはシンプルに英語を入れ込んでいけば完成です。以下は実際に英文を大中小の枠に落とし込んだものになります。

This picture illustrates my room image.
(この図は、私の部屋のイメージです。)
Overall monotone color makes my room simple and cool.
(全体的に、モノトーン色が部屋をシンプルにかっこよくしてくれている)
My room has a sofa, indirect light, light and clock.
(部屋には、ソファ、間接照明、ライト、時計があります。)

■「完璧な英語」という思い込みとはオサラバ

上記の例はほんの一部であり、すべてではありません。大中小の法則は形を変えていろいろなスピーチで適用することができます。つまり、大中小の法則を意識することで、聞き手にとってスピーチ内容が先読みしやすくなり、また話し手にとっても肩の力が抜けたスピーチになるのです。完璧な英語表現や難解な単語は必要ありません。発音やイントネーションが多少おかしくても、「外向きの英語」でスピーチをすることが重要です。

----------

マサチューセッツ大学MBA講師 齋藤浩史
上智大学博士号中退、イギリスバーミンガム大学MBA。ゴールドマンサックスやその他外資・日系投資銀行で海外業務を行う。ヨーロッパ、中東、東南アジアの財務省や世界銀行との国際ビジネスに携わる。現在、マサチューセッツ大学MBA講師のほか、ビジネス英語ライティング研修、英語プレゼン研修を企業や個人に提供、同時に都内大学や資格学校のLECでミクロマクロ金融・経済学を教える。近著に『外資系金融の英語』(中央経済社)。

----------

(マサチューセッツ大学MBA講師 齋藤 浩史)