経験がない仕事に就職するためにできる4つのこと

写真拡大

キャリアを変更して新たな分野を開拓したいとき、関連した経験がない職種に採用してもうためにはどうすればいいのだろうか? 率直に言えば、雇用者があなたの潜在能力を信じて採用してくれることはないため、希望する職種に関係する経験は必須だ。だが有給・フルタイムの業務経験である必要はない。

ただ雇用主にとっては、有休・フルタイムの業務経験が好ましいことは確かだ。例えば以前全く同じ業務(理想を言えば競合企業での勤務)の経験がある候補者は好まれる。しかし、雇用主が評価する経験はそれだけではない。たとえ応募している分野での勤務経験がなくとも、希望する職に関連する経験があることを次の4つの方法で示すことができる。

1. ボランティア経験

キャリアコーチ業を営む私のクライアントの一人であるテレサは、金融サービスでの運用職から公教育分野でのコミュニティーアウトリーチ(地域への働き掛け)の仕事へと転職を果たした。その際に役立ったのが、教育機関でのボランティア経験だった。

柔軟な雇用機会に特化した米求人情報サイト、フレックスジョブス(Flexjobs)は、グレッグのキャリアチェンジ経験を紹介している。彼は映画・映像制作所の総務から、貧困層への住宅支援を提供する国際NGO、ハビタット・フォー・ヒューマニティの常務理事へと転職した。

日曜大工が趣味のグレッグはハビタットでのボランティア活動後、パートタイムで建設マネジャーを務め、最終的には常務理事に就任した。ボランティア活動をすればスキル基盤と人脈が拡大し、新たな分野への熱意を示すことができる。またボランティアは、就職候補の企業に披露するための目に見える成果を得る場ともなる。

2. プロジェクト経験

実践経験を得ることは現在の職の中でも可能かもしれない。テレサは外部でのボランティア活動に加え、勤務先の銀行で女性のアフィニティーグループ(共通関心事や目標を中心として形成されるグループ)のためにメンター制度・キャリア開発プログラムの立ち上げと監督を行い、教育関連の貴重な経験を得ることができた。

アフィニティーグループとは従業員リソースグループ(ERG)とも呼ばれ、通常業務の範囲外の分野での経験を得るのに効果的だ。会社のアフィニティーグループに参加することで、上級管理者などを含む自分と異なる部署や役職の人と知り合う機会が持てる。会社にアフィニティーグループがなければ自分で立ち上げるか、目標とする新たな分野に関連する職能団体をあなたの周りで探してみると良いだろう。

3. 学術的経験

キャリアチェンジ実現のために公式な学位を取得する必要はない。しかし認定試験や自己学習などいかなる学習経験であっても、就職希望の企業にとってはあなたが本当にその分野に関心を持っている明白な証拠となる。

学術的経験によりスキルや専門性が身に付くし、グループでのプロジェクトや課題が与えられる場合は実践経験も得られる。教授やクラスメートも人脈となり、学校から採用情報が得られるかもしれない。

4. 深く蓄積された専門性

誰もが少なくとも一人は、仕事とは全く関係のない分野で深い知識を持っている人を知っているだろう。野球の大ファンで、選手の情報や野球史トリビアを記憶しているが、仕事は米大リーグと全く関係ない人、またはファッションセンスがとても良く、流行に敏感だが全く別分野で働く友人など--。適切な機会が与えられれば、その豊富な知識を活かして、野球・ファッション業界に入れるだろうということは想像に難くない。

あなたも目標とする分野の専門知識を蓄積し、磨きをかけよう。知識が深ければ深いほど採用候補としての信用性が増す。また関連のトレンドや問題について、目標分野の雇用主候補と知的な議論を交わすこともできる。情報に裏付けられた視点を持てるし、雇用主は同じ「言葉」を話すあなたを仲間と思ってくれる。

あなたが特定の業界や職種に本当に関心があるのであれば、趣味のプロジェクトや授業の文献から得た知識、ボランティアやアフィニティーグループ、職能団体のメンバーとしてのプロボノ経験など、何かしら経験ができるはずだ。実際に行動を起こしていれば、潜在能力があることを証明できるので、雇用主を説得する必要はない。

また、こうすれば新たな分野への転職に本気であることを自分自身でも確認することができる。ある業界や職務が面白そうに見えても、実際にやり始めると輝きを失ってしまうこともあるからだ。今から関連経験をつけておけば、あなた自身と次の雇用主の両方の利益となる。