日本代表の遠藤航【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は12日、ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦に向けてイランのテヘランで前日練習を行った。日本代表に招集された遠藤航が取材に答えている。

 まず、テヘランのPASスタジアムの芝の印象について「けっこう見た目は悪くないですけど、ボールの動かしでちょっと止まるというか、そういう感覚はあったので、そこは注意しないといけない」と、慎重にパス回しを行う必要があるとの見解を示した。

 山口蛍が欠場する可能性があり、他にも怪我人が増えている状況の中で出番がまわってくるかもしれないが「常に選ばれた場合に備えて、試合に出る準備はしています。出れる機会があれば、そのチャンスをつかめるプレーをしないといけないと思うし、準備はできていると思うので、ピッチに立てば自分の良さを出していきたい」と語っている。

 続けて「もちろん、あんまりボランチはやっていないので、不安はありますけど、それを言い訳にはできない。出たからにはやるしかない。センターバックよりボランチはプレッシャーを受けやすいし、普段よりプレッシャーを感じると思うので、そこのフィーリングだけしっかり。この試合までにボランチでやって感覚はつかみましたし、あとは試合の中で、ピッチのボールが止まるとことか、コンディションを考えながらやらないといけない。自分の良さである縦のボールはゲームの中でしっかり出していければ」と答えた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部