今秋の発売が見込まれる「iPhone8」の金属フレーム部分の金型とされる画像が、中国のSNS、weiboに流出しています。多くの金型が、量産のためにこれからFoxconnの工場に送られるとされています。

2枚のガラスパネルで金属製フレームをはさみ込む「iPhone8」

「iPhone8」は、最近画像が流出した、ガラス製のフロントパネルとリアパネルで金属製フレームをはさみ込むようなデザインになり、ワイヤレス充電に対応すると噂されています。
 

 
Weiboに流出した画像では、金属製フレームを成型するための金型らしきものが数多く積み重なっている様子が確認できます。
 

 
Weiboの写真には、「金型が試験をクリアし、量産のためにFoxconnに送られる」「9月のiPhone8の販売台数は限定的」といった趣旨のコメントが添えられています。
 

発売に遅れとの報道も

iPhone10周年記念モデル「iPhone8」については、「iPhone Edition」「iPhone X」などの名称も噂されています。
 
最近の報道では、「iPhone8」に搭載される有機EL(OLED)ディスプレイの量産が開始されているものの、複数のサプライヤーで部品生産に遅れが生じており、iPhone8の発売が1〜2か月程度遅れる、と言われています。

 
 
Source:BGR
(hato)