@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

BMW X7とは?

メルセデス・ベンツGLS、レンジローバーのライバルとなるモデルで、7シリーズとともにブランドの最高峰を担うSUVが、BMW X7である。

北米のメディアによれば、今年9月のフランクフルト・モーターショーで初公開され、
・BMW i3S
・6シリーズGT
・次世代型X3
とともに展示されるという。われわれAUTOCARは、この情報が正しいものかどうか、BMWに回答を求めているところだ。

撮影された開発車両は、典型的なSUVスタイルで、お馴染みのキドニー・グリルや、デイタイムランニングライトなど、最近のBMWに共通するデザインを確認できる。

どの国で販売? 北米/中国がメイン市場か

7シーターを採用するX7の主な市場は、アメリカおよび中国だ。

しかし、BMWのセールス&マーケティングの責任者、イアン・ロバートソンは、欧州や英国でも販売されることを確約している。

ロバートソンは、「通常のグレードとは別に、ラグジュアリーを極めたバージョンも用意するでしょうね。その価格については、現時点ではお話できません。しかしX7が、7シリーズのテクノロジーと最上級品質を兼ね備えたモデルであるとお考えになれば、ご想像できますよね」と語っていた。

かつてX7は、X5のホイールベースを延長したモデルであると報告されていた。しかし、ロバートソンはこれを否定する。

「X5とX7を並べると、ホイールベースを含めその違いは、一見少ないように見えるでしょう。しかし、単にX5のシャシーを伸ばしただけではなく、完全に新しいパネル・セルを使用するのですよ」

直6、V8ターボ、さらにハイブリッドも?


搭載されるエンジンについては、まだ明らかになっていないが、われわれが得た情報では、
3.0ℓ直6ディーゼル:30d、40d、50d
4.4ℓV8ツインターボ・ガソリン:xDrive 50i
と予想されている。

また、ハイブリッド・モデルが設定されるのもほぼ間違いない。

X7はアメリカのスパータンバーグ工場で製造され、アメリカと中国でマーケットを争う。この2国では、キャデラック・エスカレードやリンカーン・ナビゲーターがライバルとなるだろう。