テレ東の新米ADを演じる村上虹郎
 - (C)「デッドストック〜未知への挑戦〜」製作委員会

写真拡大

 テレビ東京が、俳優・村上虹郎を主演に迎えた連続ドラマ「デッドストック〜未知への挑戦〜」を7月21日(毎週金曜・00:52〜)より放送することが13日、明らかになった。昨年夏の社屋移転を発端とするホラードラマで、村上は、新社屋への引っ越し作業で発見された、廃棄テープに映った怪奇現象を解明する新米AD常田大陸(つねたりく)を演じる。

 2016年、東京・神谷町の旧社屋から六本木の新社屋へと移転すべく行われた、“テレ東史上最大”の引っ越し作業。その際に発掘された番組素材を整理する部署・未確認素材センターに配属された主人公・常田は、VTR整理中に怪奇現象が記録されたテープを発見してしまい、先輩ディレクター、プロデューサーと共に、テープに映った怪奇現象を解明する新番組の取材に巻き込まれていく。

 連ドラ初主演となる村上は、「テレ東さんのやんちゃな企画に、主演として参加できて愉しくやらせて頂いていますが、毎度、怖いです。でもホラー+サスペンス仕立ての作品は初挑戦だったのでとても新鮮な毎日です」とコメント。「ホラーとしての面白さもありますが、回を追うごとに成長していく大陸の姿や、他のキャラクターたちそれぞれが抱える事情、過去の映像等、様々な要素が絡み合い、一つのストーリーとして繋がっていくところも見所だと思います!是非ご期待ください!」と自信をのぞかせる。

 脚本は『呪怨 白い老女』などの三宅隆太(兼監督)と『クロユリ団地』などの加藤淳也。チーフ監督には「連続ドラマW 楽園」などの権野元を抜てき。ゲスト監督としてドキュメンタリー映画『「A」』『FAKE』の森達也も参加する。

 五箇公貴プロデューサーによると、制作のきっかけはまさに社屋移転に際して見つけた開局当時のドキュメンタリー映像。サブタイトルの「未知への挑戦」も、田原総一朗が当時ディレクターを務めた過激なドキュメンタリー番組のタイトルから拝借したものだといい、「テレ東の礎にある東京12チャンネルのスピリットを村上虹郎に全部背負わせて、攻めた番組作りでハリウッドを目指します笑」と語っている。(編集部・入倉功一)