英語4技能+国語力 =一石五鳥のメソッドが 完成した理由

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第3刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか? 

「ハーバードの英語は単語が9割」

 私のメソッドは、英語4技能の「読む、聞く、話す、書く」を一体化して教えます。

 中でも特に評判がいいのが、「1日たった5分のらくらく単語暗記法」と「超・音読法」です。

 すみれも常々、「ハーバードの英語は単語が9割」と言っていますが、本当の英語力がつくかどうかの最大関門は、単語習得にあると断言できます。

 この本では、英語が苦手な親御さんや、英語にまったく触れたことがないお子さんがスムーズに日本語から英語に入っていける工夫を施しました。

 新学習指導要領のもと、近い将来、高校で始まる「論理国語」を「日本語B」と名づけて先取り。

 日本語で英語の考え方がわかるようにし、毎日飽きずにモチベーションが上がる仕組みをはりめぐらせています。
 このメソッドにより、英語4技能だけではなく、国語力もつくのです。

 ですから、一石五鳥のメソッドと言えるでしょう。

・教室やワークショップで「3000人」の生徒たちを教えてきた
・娘のすみれが「塾なし、地方公立からハーバード」に合格した
・日本で唯一「200人以上」のハーバード生の家庭学習法を徹底リサーチした

 この3つの経験から、本書の家庭学習法は完成しました。

 そうはいっても、「英語4技能+単語暗記を小さいわが子に家で教えるなんて無理」という親御さんのために、「常識破りの英語で子育て完全マニュアル」も収録しました。

 一方、お子さんには、英語4技能+単語暗記のうち、何よりもまず、「単語」と「読む・聞く」のみを重点的に学習していただきます。
 これだけでも英語力は格段にアップするからです。

 そして、お子さんをサポートする親御さんには、自分磨きと英語力リノベーションのために、「書く=ハーバード生がつくった簡単英作文」を楽しみながら、子どもに教えられる構成になっています。

 ええ? 「英作文なんて絶対できない?」
 安心してください。
 中学校で英語を少しでもかじった方なら、誰でもできるように工夫しましたから。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)