「クズな藤原竜也最高」の声続々、映画大ヒット

写真拡大

藤原竜也・伊藤英明がダブル主演にして初共演となる映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」が6月10日(土)より全国公開され、これまで7週連続1位を獲得してきた「美女と野獣」を抑え、週末動員・興行収入ともに1位を獲得した。

先週から全国329館で封切られた本作は、週末2日間(6月10日、11日)で動員数は23万人を超え、興行収入は3.2億円を記録。ワーナー配給作品で初日2日間の興行収入で比較すると、最終興行収入15億円を突破した小栗旬主演「ミュージアム」比の131%、同じく藤原竜也主演作品の「僕だけがいない街」(最終興行収入14億)の145%、「藁の楯 わらのたて」(最終興行収入18.2億円)の171%と大きく上回っている。

本作は22年前、5件の連続殺人事件が起きるところから始まる。事件は未解決のまま時効を迎えたが、殺人犯・曾根崎が突然現れ、事件の真相を明かす告白本「私が殺人犯です」を出版。美しい容姿に世間は圧倒され、殺人犯とは思えないほど妖艶なカリスマ的殺人犯は、日本中を虜にし、一躍時の人となっていく。しかし曾根崎を22年間追い続ける牧村刑事は、曾根崎が世間を賑わせる中、憎しみが募っていく。そして物語は予想もつかない展開が待ち受けていたのだった――。

これまでも殺人犯や、特殊能力を使える役など狂気をはらんだ役柄を演じることが多かった藤原。本作でも日本中を狂わせるカリスマ的殺人犯・曾根崎雅人を演じ、「クズ役が最高!」と新たなハマリ役に絶賛の声が上がっている。「藤原竜也はほんとクズを演じるために生まれてきたかのようなお方」「藤原竜也さんにクズ役やらせるのはずるいわ面白いに決まってる」「藤原竜也はクズとかゲスの悪役演技がうまい」と言った意見や、「首絞めの演技に鳥肌もの!」「藤原竜也は最高!」など、本作で見せる藤原の演技に絶賛の声が上がっている。