経済成長が続く中国では、生活水準の向上にともなって人びとの健康に対する意識が高まりを見せている。健康診断や病気の治療のために日本を訪れる中国人も増えつつあるなか、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本の医療の長所」について考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 経済成長が続く中国では、生活水準の向上にともなって、人びとの健康に対する意識が高まりを見せている。健康診断や病気の治療のために日本を訪れる中国人も増えつつあるなか、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本の医療の長所」について考察する記事を掲載した。
 
 記事は、日本の医療サービスは世界的に見ても非常に高いレベルにあると伝え、その医療を求めて訪日する中国人も年々増加していると指摘した。続けて、日本の医療サービスが優れている背景には、優れた医療制度があると伝え、まず日本では国民皆保険制度のもと「誰もが医療を安く受けることができる」としたほか、薬の処方と調剤を切り分ける「医薬分業」制度も、日本の医療水準の高さを保証する制度の1つだと指摘した。
 
 確かに中国では売り上げのために患者が必要としない薬を処方する医者が多いと言われる。
 
 さらに、医療現場の環境も中国に比べて非常に先進的だとし、日本の病院は広々としていて圧迫感がなく、病棟は清潔で明るいと指摘。こうした環境であれば、無駄に患者の不安を煽ることもないとし、こうした配慮も中国人患者が日本を訪れたくなる理由の1つだと指摘した。
 
 また、日本のサービス業は「客を神様として扱う」ことを原則としていると伝えつつ、この原則は医療サービスにおいても同様だと指摘。病気の程度が軽い病人でも体の不自由な高齢者でも、日本の医療関係者は「分け隔てなく接してくれる」と指摘し、これは外国人であっても例外ではないとした。そのほか、日本では患者が医師に質問して問題なく、中国の医師のように「専門用語も分からないくせに」というバカにした態度を見せないと紹介した。
 
 記事は結論として、中国人が近年、日本での医療サービスを受けたがるのは「日本の快適かつ心温まる環境で治療することは、病気の苦痛を和らげてくれるためだ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)