出世できる人とできない人、両者にはどのような差があるのでしょうか。無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』の著者・佐藤しょ〜おんさんが「絶対に出世しないタイプ」として挙げているのは「上司をバカにする社員」だそうですが……いったいどういうことなのでしょう?

上司がバカだからというのなら

サラリーマンで、絶対に出世しないタイプを一つだけ挙げろと言われたら、自分の上司を本気で「あの人ってホントにバカなんだよな」と考えている人でしょう。

ロジカルに考えて、その人よりもあなたの方が賢いのなら、なんでその人があなたの上司をやっているんだって話ですよ。あんたの方が賢いのなら、とっとと追い抜いてしまえば良いじゃありませんか。なんでそれが出来ないの? って話です。

もうちょっとだけ譲ると、あなたの方がホントに賢いのならば、つまり脳みその状態が

あなた >>>>> 上司

になっているのならば、あなたは上司を意のままに操れるはずなんですよ。自分の想いのままに、自分に都合の良いように、好きなだけ上司を操って動かしたら良いじゃありませんか。

それを出来る人を賢い人と呼ぶのです。

結局のところ、上司と部下って一蓮托生のところがあるんですよ。部とか、課とか、チームという単位で考えたら同じ船に乗って同じ方向を目指しているわけですよ。つまり目指すべきゴールは同じだということです。そしてあなたが賢い人ならば、上司がどういう意図を持ってどこを目指しているのかが理解出来るはずですし、そのルートで先回りをしたり、待ち伏せをしたりして上司と協調したり、評価されて仕事を思いのままに任せてもらうなんてことだって、自由自在に出来るはずなんですよ。

そうなったら、上司の悪口なんて言うヒマがないはずなんですけどね。とにかく仕事が面白くて堪らないって状態になっているはずなんですよ。しつこいですがあなたがホントに賢いのならね。

逆に上司に操られて好きでもない仕事をイヤイヤやらされているというのなら、それは相手の方が一枚上手だってことですから。あなたの方が賢いと言い張るのなら、早くその状態から抜け出すための戦略と戦術を考えなきゃなりませんよ。それはそれで、ブツブツとグチを言っているヒマはないくらい忙しくなきゃおかしいんですよ。

つまり、優秀で賢い人というのは、今現在どういう状況に置かれていようが、とにかくやるべきことがたくさんあって、やりたいこともたくさんあって毎日が楽しくて充実しているはずなんですよ。自らの才覚でどんな環境も楽しいものに変えられるはずなんですよ。さらにしつこいですが、あなたがホントに優秀で賢いのならね。

ということは、オレの上司はバカだと言っている時間がある、そう言いたくなるくらいやるべきことに没頭出来ていないというその状態を見るだけで、あなたってクチで言うほど賢くもなければ、優秀ってわけじゃなさそうだよね、と判断するのが一般的な常識を持った方々なのですよ。ですからこれから、上司の悪口を言いたくなったら、「ヤバい、オレって相当ヒマなんだな。今やるべき仕事を探そう」と考えた方が良いですよ。

いちいちクチに出さなくても、あなたが今の上司を役職的に追い抜いたら、社内のほとんどの人が、「あの人って賢くて優秀よねぇ」って言ってくれますから、ご心配には及びません。こういうのは自分で言うよりも、人に言ってもらう方がはるかにリアリティがありますし、何よりも楽しいですからね。

グッドラック!!

image by: Shutterstock.com

 

『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』

著者/佐藤しょ〜おん 記事一覧/メルマガ

高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て無料で公開。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信する。

出典元:まぐまぐニュース!