吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は12日、ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦に向けてイランのテヘランで前日練習を行った。

 吉田麻也はピッチコンディションに関して「ところどころバウンドが変わったり、柔らかかったり、固かったりする。イレギュラーを想定しながらプレーしなきゃいけない」と話す。チームとして不用意なボールロストは避けたいところだが、吉田は“失い方”にも気を配る。

「なるべくボールを前に配球できるように。失っても自分たちの陣形が整っている状態を保てるような失い方をしなきゃいけないなと思う」

 イラクについては「ほとんどの選手がリオ五輪世代の選手たちで、次のW杯を見据えて監督も代えて、新しいスタートを切っている。どの選手も監督にアピールしたいっていう高いモチベーションを持ってくると思うし、若いチームなので、あんまり勢いに乗らせたくないなっていうのはある」と語る。

 そんな相手に対して「立ち上がりから僕らが試合をリードできるようにしたい」と吉田。「まずは先制点を与えないことがすごく大事になってくる。とにかく後ろは耐えて、後半必ず落ちてくると思うので、そこでうまく仕留められればというプランは一番いい展開だなと頭の中にある」と展望を述べた。

 セットプレーの守備も重要になるが、ディフェンスリーダーは「無駄なファウルを与えないことが一番。不必要なファウルにはしっかり注意しなきゃいけないなと。マンマークなので一人ひとりが集中力を欠かずにしっかり責任を全うできるかどうかが大事になってくる」とポイントを口にした。

 失点しなければ負けることはない。吉田の最終ラインでのパフォーマンスに期待したい。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部